コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祖神 ソシン

デジタル大辞泉の解説

そ‐しん【祖神】

《「そじん」とも》神として祭る祖先。祖先である神。特に、皇室の祖先である天照大神

おや‐がみ【祖神】

祖先としての神。祖先神。氏神。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おやがみ【祖神】

一族の先祖の霊をまつった神。氏神。

そしん【祖神】

神としてまつる祖先。祖先である神。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の祖神の言及

【道祖神】より

…サエノカミ(塞の神),ドウロクジン(道陸神),フナドガミ(岐神)などとも呼ばれ,村の境域に置かれて外部から侵入する邪霊,悪鬼,疫神などをさえぎったり,はねかえそうとする民俗神である。陰陽石や丸石などの自然石をまつったものから,男女二神の結び合う姿を彫り込んだもの(双体道祖神)まで,この神の表徴は多様である。道祖神は境界的,両義的な特性においてきわだっている。…

※「祖神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

祖神の関連情報