コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天御中主尊 あめのみなかぬしのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天御中主尊 あめのみなかぬしのみこと

記・紀にみえる神。
天地のはじめに,高天原(たかまがはら)に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと),神皇産霊尊(かみむすびのみこと)とともに出現した神。この三神を造化三神という。「古事記」では天之御中主神

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまのみなかぬしのみこと【天御中主尊】

記紀(特に古事記)神話の神。天地開闢かいびやくの時、高天原たかまのはらに最初に現れた造化三神の一。のちに復古神道の平田篤胤あつたねらによって宇宙を主宰する絶対神とされた。天之御中主神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天御中主尊の関連キーワード日本神話の神々高賀神社天日別命復古神道天地記紀