コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天御中主尊 あめのみなかぬしのみこと

2件 の用語解説(天御中主尊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天御中主尊 あめのみなかぬしのみこと

記・紀にみえる神。
天地のはじめに,高天原(たかまがはら)に高皇産霊尊(たかみむすびのみこと),神皇産霊尊(かみむすびのみこと)とともに出現した神。この三神を造化三神という。「古事記」では天之御中主神

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

あまのみなかぬしのみこと【天御中主尊】

記紀(特に古事記)神話の神。天地開闢かいびやくの時、高天原たかまのはらに最初に現れた造化三神の一。のちに復古神道の平田篤胤あつたねらによって宇宙を主宰する絶対神とされた。天之御中主神。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天御中主尊の関連キーワード太始目に見える糸媛大苫辺尊面足尊豊斟渟尊沙土煑尊活樴尊埿土煑尊角樴尊

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone