天御中主尊(読み)あめのみなかぬしのみこと

大辞林 第三版の解説

あまのみなかぬしのみこと【天御中主尊】

記紀(特に古事記)神話の神。天地開闢かいびやくの時、高天原たかまのはらに最初に現れた造化三神の一。のちに復古神道の平田篤胤あつたねらによって宇宙を主宰する絶対神とされた。天之御中主神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android