コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神皇産霊尊 かんみむすひのみこと

4件 の用語解説(神皇産霊尊の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

神皇産霊尊【かんみむすひのみこと】

別天神(ことあまつかみ)の一神で,天御中主神(あめのみなかぬしのかみ),高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)とともに造化三神をなす。〈むす〉は植物の生成,〈ひ〉は清音で霊力を表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神皇産霊尊 かみむすびのみこと

記・紀にみえる神。
天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと),高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)とともに天地のはじめになった造化三神の一神。高皇産霊尊とならんで生成をつかさどり,高皇産霊尊が高天原系神話にかかわるのに対し,出雲系神話に登場する。「古事記」では神産巣日神。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

神皇産霊尊

日本神話の神。『古事記』では神産巣日神と記し,また神産巣日御祖命ともいう。『出雲国風土記』にも名がみえ,神魂命と記す。神名の「むす」は植物の生成繁茂する力を表している。従って元来は植物の生成力を神格化したものと思われ,神話としては,この神が大気津比売神という女神の死体に生じた穀類を取ってきて蒔き育てる種としたとする伝承(『古事記』)に,この神名の表す本来の姿がよく示されている。『古事記』では天之御中主神,高御産巣日神と合わせ,造化3神(物事の出来始めを司る3柱の神)として冒頭に記される。高天原に深いかかわりを持つ高御産巣日神に対置される神であり,出雲を中心とした神話世界の守護神的存在。はじめ出雲地方に発した神で,中央神話の形成過程において,出雲が地上世界の中核としてクローズアップされるのに連れて,取り込まれたものであろう。ただし『日本書紀』では『古事記』のような明確な位置づけや,重要な役割を与えられておらず,それどころか僅か一書の中に2度その名を記すのみで,活躍の場をまったく持たない。この違いは『古事記』と『日本書紀』の編纂方針の違いに起因するとすべきであろう。<参考文献>倉塚曄子「出雲神話圏とカミムスビの神」(日本文学研究資料刊行会編『日本文学研究資料叢書 日本神話』Ⅰ),神野志隆光『古事記の達成』

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かむむすひのみこと【神皇産霊尊】

日本神話にみえる神の名。《古事記》では神産巣日神などと記す。ムスは生ずる,ヒは霊力。《古事記》冒頭や宮中御巫(みかんなぎ)の祭る神としてこの神は高御産巣日(たかみむすひ)神(高皇産霊尊)と並称され,多くの氏族の祖神となっているが,記紀神話ではタカミムスヒのような重要な働きをしない。しかし《古事記》で食物神の屍(しかばね)から蚕,稲種,粟,小豆,大豆,麦を取って種とし,死んだオオナムチノカミ(大国主神)の下へキサカヒヒメ(赤貝),ウムギヒメ(蛤)を派遣して再生させるなど,生成神のより具体的な姿を示す御祖神(みおやのかみ)・母神となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神皇産霊尊の関連キーワード日本神話火の神別天つ神手刀天御中主神神皇産霊神高皇産霊神少彦名命草野姫稚産霊神

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone