コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三神 サンジン

大辞林 第三版の解説

さんじん【三神】

三はしらの神。
古事記神話で、天地創造の時、最初に現れた天御中主神あめのみなかぬしのかみ・高皇産霊神たかむすひのかみ・神皇産霊神かみむすひのかみの称。
五穀守護の三神、稚産霊神わくむすひのかみ・倉稲魂神うかのみたまのかみ・保食神うけもちのかみの称。
和歌の三神、住吉明神・玉津島明神・柿本人麻呂の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三神の言及

【産神】より

…【大藤 ゆき】
[朝鮮]
 朝鮮では〈サムシンsamsin〉あるいは〈サムシンハルモニsamsinhalmŏni〉と呼ばれる。〈三神〉と書くことも多いが,〈産神〉または胎を意味する〈サムsam〉かと思われる。白紙で神位をつくって壁にはってあることもあるが,神体は明らかではなく,漠然と産婦と嬰児を保護する神と考えられている。…

※「三神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三神の関連キーワードわがままいっぱい名取洋之助掻い潜む・搔い潜む三蓬莱・三蓬萊トリムールティ熊野三所権現ロスケリヌススチンドラム言ひしろふ手刀を切る神道修成派柿本人麻呂天御中主神ミネルウァ中筒之男命底筒之男命高皇産霊神ブラフマー出羽神社息栖神社国常立尊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三神の関連情報