コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天忍穂耳命 あめのおしほみみのみこと

朝日日本歴史人物事典の解説

天忍穂耳命

日本神話に登場する神。忍は「威力ある」の意,穂は稲穂,耳は神・人名の語尾につく称辞。正しい名は「正勝吾勝勝速日天忍穂耳命」である。『古事記』『日本書紀』によると,この神は天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)のウケヒ(占いの一種)によって生まれた。アマテラスの髪飾りの玉を,スサノオが聖泉ですすいだあと,噛んで吹き出した,その霧のなかから出現したという。天降った天皇家の先祖神瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の父に当たる。日本神話のなかで中心的な位置にある。『古事記』はアマテラスが最初アメノオシホミミを天降らせようとしたが,その準備中に生まれたニニギを天降らせたとする。『日本書紀』は,この神について「天忍骨尊」という異伝をのせている。

(溝口睦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

天忍穂耳命の関連キーワード大阪府泉大津市豊中町高天原系神話天手長男神社日間賀神社西寒多神社英彦山神社英彦山神宮泉大津市大国主命厳島神社天穂日命

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android