安河(読み)やすのかわ

精選版 日本国語大辞典の解説

やす‐の‐かわ ‥かは【安河】

[一] 日本神話で高天原にあるという川。また、天の川のことにもいう。
万葉(8C後)一八・四一二五「七夕歌〈略〉夜洲能河波(ヤスノカハ) 中に隔てて 向かひたち」
[二] (後に「やすのがわ」とも) 滋賀県南部を流れ、琵琶湖に注ぐ野洲川のこと。
※万葉(8C後)一二・三一五七「吾妹子にまたも近江の安河(やすのかは)安寐も寝ずに恋ひわたるかも」
[語誌]((一)について) 高天原にあった、この河原に神々が集まって事を議したことが「古事記‐上」や「古語拾遺」に見える。それが七夕伝説にとり入れられて、天の川(銀河)のことにも用いられるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android