コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文符号 てんもんふごうastronomical sign

世界大百科事典 第2版の解説

てんもんふごう【天文符号 astronomical sign】

天文学で使われる天体,黄道十二宮,惑星現象などを表す符号である。歴史的に見て多少の変形はあるが,よく利用されるものを表に示す。【堀 源一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android