多少(読み)タショウ

デジタル大辞泉の解説

た‐しょう〔‐セウ〕【多少】

[名]
数量の多いことと少ないこと。多いか少ないかの程度。「多少にかかわらず、ご注文に応じます」
《「少」は助字》多いこと。たくさん。
「人の家に―の男子を生ぜるは此れを以て家の栄えとす」〈今昔・一・一九〉
[副]数量のあまり多くないさま。程度のあまり大きくないさま。いくらか。少し。「多少難点がある」「多少遅れるかもしれない」
[用法]多少・若干――「その意見に対しては多少(若干)疑問がある」「原案に多少(若干)手を加えた」など、数量・程度が少なく、はっきり示せない場合には、相通じて用いられる。◇「多少のばらつきがあってもかまわない」「朝晩は多少冷えるでしょう」「病状も多少落ち着いた」のように、大目に見たり全体からすればほんの少しという気持ちで言う場合は、「多少」のほうがふさわしい。「若干」は文語的で語感が硬い。「募集人数は若干名」「若干の問題を話し合う」などでは、「若干」だけが用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

多少

日本では多かれ少なかれ、いくらか。中国ではどれだけ、どれほど。「多少銭?」は「おいくら?」。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

たしょう【多少】

( 名 )
数量の多いことと少ないこと。多いか少ないか。 「金額の-を問わない」 「損害の-にかかわらず」
〔「少」は助字〕 多いこと。はなはだしいこと。 「水村も山寺も花は-なれば/蘭亭先生詩集」 「 -に立腹するのみか、時としては讐あだを報いんとする者もある可し/福翁百話 諭吉
( 副 )
その数量・程度がわずかであるさま。いくらか。すこし。 「 -多めにする」 「散士が-心血の濺そそぎし所/佳人之奇遇 散士
[句項目] 多少とも

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多少の関連情報