多少(読み)タショウ

  • おおかれすくなかれ おほかれ‥
  • たしょう ‥セウ
  • たしょう〔セウ〕
  • 多少 たしょう

デジタル大辞泉の解説

[名]
数量の多いことと少ないこと。多いか少ないかの程度。「多少にかかわらず、ご注文に応じます」
《「少」は助字》多いこと。たくさん。
「人の家に―の男子を生ぜるは此れを以て家の栄えとす」〈今昔・一・一九〉
[副]数量のあまり多くないさま。程度のあまり大きくないさま。いくらか。少し。「多少難点がある」「多少遅れるかもしれない」
[用法]多少・若干――「その意見に対しては多(若干)疑問がある」「原案に多少(若干)手を加えた」など、数量・程度が少なく、はっきり示せない場合には、通じて用いられる。◇「多少のばらつきがあってもかまわない」「朝晩は多少冷えるでしょう」「病状も多少落ち着いた」のように、大目に見たり全体からすればほんの少しという気持ちで言う場合は、「多少」のほうがふさわしい。「若干」は文語的で語感が硬い。「募集人数は若干名」「若干の問題を話し合う」などでは、「若干」だけが用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

日本では多かれ少なかれ、いくらか。中国ではどれだけ、どれほど。「多少銭?」は「おいくら?」。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 分量、程度の差はあっても皆一様に。多くても少なくても。多少とも。いずれにしろ。
※都会の憂鬱(1923)〈佐藤春夫〉「すれ違ふ人々が多かれ少かれ皆注目をした」
〘名〙
① 多いことと少ないこと。また、その多いか少ないかの程度。
※正法眼蔵(1231‐53)行持上「和尚この山に住してよりこのかた多少時也」
※太平記(14C後)二九「勢の多少はいまだ見ず」 〔老子‐六三章〕
② (「少」は助字) 多いこと。十分なこと。
※菅家文草(900頃)二・依言字重裴大使「多少交情見一言、何関薄贈有微恩」 〔杜牧‐江南春詩〕
③ 数量、程度の少ないさま。副詞的にも用いる。いくらか。ちょっと。若干。
※菅家文草(900頃)六・早春内宴侍清涼殿同賦春先梅柳知「天与芳菲第一、艷陽多少莫空移
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「よし多少文三に心を動かした如き形迹が有ばとて」 〔南史‐蔡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android