コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津麻羅(読み)あまつまら

大辞林 第三版の解説

あまつまら【天津麻羅】

古事記神話の鍛冶かじの神。天照大神あまてらすおおみかみが天の岩屋戸にこもった時、祭祀さいしの準備のために登場した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天津麻羅の言及

【刀鍛冶】より

…刀鍛冶は,原料鉄の鍛錬から焼入れ,仕上げまでをその業とする。《古事記》《日本書紀》などに日本最初の鍛冶としてあらわれるのが天目一箇神(あめのまひとつのかみ),一名天津麻羅(あまつまら)で,鍛冶の祖神といわれている。その子孫は倭鍛冶(やまとかぬち)として代々朝廷に仕えたといい,綏靖(すいぜい)天皇は天津真浦に鏃を,崇神(すじん)天皇は天目一箇神の後裔に神剣を造らせたと伝えている。…

※「天津麻羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる