天目一箇神(読み)あめのまひとつのかみ

  • あまのまひとつのかみ
  • 天目一箇神 あめのまひとつのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日本書紀」にみえる神。
国譲りをした大物主神をまつる祭具をつくったとき,鍛冶(かじ)を担当したという。「古語拾遺」によれば筑紫(つくし),伊勢(いせ)の忌部(いんべ)氏の祖先神天照大神(あまてらすおおみかみ)を天の岩戸からさそいだすため,,(おの),鉄鐸(てつたく)をつくったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

金工の神。日本書紀神話では国譲りののち、大己貴神おおあなむちのかみを祭祀さいしする際に作金者かなだくみに任じられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

「日本書紀」「古語拾遺」などに見える神。鍛冶(かじ)、金工の神。一つ目で、「古語拾遺」によれば、天照大神が天の岩屋戸に隠れた時、刀剣、斧(おの)、鉄鐸(さなき)などの祭具を作ったとされる。また「日本書紀」一書には、国譲りをした大己貴神(おおあなむちのかみ)を祭る際、作金者(かなだくみ)に任命されたとある。天津麻羅(あまつまら)と同神ともいう。天之麻比止都禰命(あまのまひとつねのみこと)。天久斯麻比止都命(あまのくしまひとつのみこと)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天目一箇神の言及

【刀鍛冶】より

…刀鍛冶は,原料鉄の鍛錬から焼入れ,仕上げまでをその業とする。《古事記》《日本書紀》などに日本最初の鍛冶としてあらわれるのが天目一箇神(あめのまひとつのかみ),一名天津麻羅(あまつまら)で,鍛冶の祖神といわれている。その子孫は倭鍛冶(やまとかぬち)として代々朝廷に仕えたといい,綏靖(すいぜい)天皇は天津真浦に鏃を,崇神(すじん)天皇は天目一箇神の後裔に神剣を造らせたと伝えている。…

※「天目一箇神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android