コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天灯 テントウ

デジタル大辞泉の解説

てん‐とう【天灯】

紙を貼り合わせた袋の底部油紙を燃やし、浮力を持たせて飛ばす小型の気球。中国南部や台湾で、息災などを願う行事に用いられる。諸葛亮孔明が考案したという伝承から、孔明灯ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

天灯

タクシーの屋根に備えられている社名表示のランプのことで、天辺(てっぺん)に付いている行灯(あんどん)。緊急時の非常灯としても機能するが、地域によっては点灯している時は空車、客が乗車すれば消すなどして夜間にタクシーを拾う際の目印にもなっている。カタツムリ形、星形など、会社ごとに様々な形、デザインの天灯が付けられている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

天灯の関連キーワード台湾ランタン祭り竜灯鬼・竜燈鬼ブリジェンス鎌倉彫刻竜灯鬼慶派康弁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天灯の関連情報