コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油紙 あぶらがみoiled paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油紙
あぶらがみ
oiled paper

乾性 (亜麻仁油きり油テレビン油やその混合物) をに浸透させて乾燥させたもの。紙の強度,透明度を大きくし,耐水性を強め,防水用に使われる。古来の雨傘はその使用例の一つ。医療用としては精製した亜麻仁油を,上質の紙や強い薄葉紙に塗布したものを使う。また包装用には鉱物油を厚い紙に浸透させたものや薄手のマニラ紙が使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

油紙【あぶらがみ】

厚手の和紙を防水加工したもの。桐油(とうゆ)紙ともいい,美濃紙などにカキ渋を塗り,その上にキリ油を塗って防水する。かつて桐油合羽(とうゆがっぱ)や雨傘(あまがさ)などによく用いられた。現在では化学パルプまたはマニラアサを原料とした原紙に,鉱物油や煮沸した亜麻仁油,キリ油などの乾性油を吸収させたものが主で,民芸品の和傘などに需要が限られている。強く,耐水性があり,かつては包装用,医療用などに多く使われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あぶらがみ【油紙】

桐油(とうゆ)紙ともいい,西の内紙,美濃紙など厚手の純日本紙に,まずカキ渋を塗って乾燥し,その上に桐油または荏油(えのあぶら)を何回も塗って乾燥したじょうぶな防水紙。これを表にして裏に薄布を合わせた防水衣を桐油合羽(とうゆがつぱ)と名づけて古くから外出着に用い,ただ厚紙のみのものは油単(ゆたん)と呼ばれて荷物の雨覆いに用い,雨傘には必ず用いられた。また雨よけの障子に張って油障子と呼び,現に歌舞伎の舞台に見る《吉例寿曾我》対面場のしとみ障子,《鬼一法眼三略巻》菊畑の花壇の覆いなどがそれである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あぶらがみ【油紙】

桐油とうゆまたは荏油えのあぶらを塗った防水用の和紙、または渋紙。雨具・医療用・荷造り用などとする。桐油紙。油紙ゆし

ゆし【油紙】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油紙
あぶらがみ

桐油(きりゆ)、荏油(えのあぶら)またはあまに油などの乾性油を和紙または渋紙に塗布し乾燥して得た加工紙。「ゆし」ともいう。耐水性で強力であり、耐水・包装材料として唐傘(からかさ)、雨合羽(あまがっぱ)、油障子などに用いられたが、最近ではパラフィン紙やプラスチックなどの耐水性包装材料に追われ、ほとんどみられなくなった。また、中性の鉱物油を含浸した薄いマニラ紙も油紙といわれ、包装などに使用される。[御田昭雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油紙の関連情報