コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

息災 ソクサイ

デジタル大辞泉の解説

そく‐さい【息災】

[名・形動]
病気をしないで、元気なこと。また、そのさま。「息災に暮らす」「無病息災
仏の力で災難を防ぎ止めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そくさい【息災】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
何事もなく達者であること。また、そのさま。 「無病-」 「 -に過ごす」
(仏の力で)災害・病気など災いを除くこと。 「いみじう易き-の祈ななり/枕草子 277

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

息災
そくさい

あらゆるいを消滅させるという意。サンスクリット語シャーンティカntika(扇底迦(せんていきゃ)と音写)の訳。密教修法における四種法(あるいは五種法)の一つ。思わぬ災い、病気、世界的不安感や武威、天災などを除去するのはもちろんのこと、その根底には、行ずる者自身の心のなかの災い、すなわち煩悩(ぼんのう)を消滅する意義がある。[小野塚幾澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

息災の関連キーワード祈祷奉行・祈禱奉行アタルバ・ベーダ牛神祭り・牛神祭邑町のサイノカミ三島のサイノカミ高崎張子獅子頭厩(うまや)猿十一面観世音法炒り豆/煎り豆金剛夜叉明王茂名の里芋祭危険を嫌う男軍荼利の法七仏薬師法孔雀経の法文殊八字法御手洗参り人日の節句五壇の法一病息災

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

息災の関連情報