息災(読み)そくさい

精選版 日本国語大辞典「息災」の解説

そく‐さい【息災】

〘名〙 (śāntika の訳語。「」はとどめる意)
① 仏や神の力などで衆生の災をなくすこと。
※日本紀略‐天徳四年(960)六月一四日「於仁寿殿下二大僧都寛空不動供。為息灾也」
※枕(10C終)二七七「いみじう易きそくさいの祈ななり」
② (形動) 達者であること。健康であること。また、そのさま。無事。
※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「皇太后宮、竝に一品宮の御そくさいを祈り奉り」
※徒然草(1331頃)一七五「息災なる人も、目の前に大事の病者となりて、前後も知らず倒れ伏す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「息災」の解説

息災
そくさい

あらゆる災いを消滅させるという意。サンスクリット語シャーンティカśāntika(扇底迦(せんていきゃ)と音写)の訳。密教修法における四種法(あるいは五種法)の一つ。思わぬ災い、病気、世界的不安感や武威、天災などを除去するのはもちろんのこと、その根底には、行ずる者自身の心のなかの災い、すなわち煩悩(ぼんのう)を消滅する意義がある。

[小野塚幾澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「息災」の解説

そく‐さい【息災】

[名・形動]
病気をしないで、元気なこと。また、そのさま。「息災に暮らす」「無病息災
仏の力で災難を防ぎ止めること。
[類語]ぴんしゃんぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健元気健康丈夫無事無病息災健勝清勝すこやか壮健健全達者まめつつがない強壮強健頑健矍鑠かくしゃく強い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android