諸葛亮(読み)しょかつりょう(英語表記)Zhu-ge Liang; Chu-ko Liang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸葛亮
しょかつりょう
Zhu-ge Liang; Chu-ko Liang

[生]光和4(181)
[没]建興12(234)
中国,三国時代蜀漢の政治家,戦略家。孔明。諡は忠武。琅邪陽都 (山東省沂水県) の人。豪族の出だが,早く父と死別し荊州 (湖北省) で成人。名声が高く,臥竜と称せられた。建安 12 (207) 年魏の曹操に追われ荊州に身を寄せていた劉備から「三顧の礼」をもって迎えられ,天下三分の計を説いてこれに仕えた。翌年,呉の孫権と連合し,南下する曹操の軍を迎撃して,赤壁の戦いで大破し,荊州,益州を劉備の手に入れさせた。その後もしばしば戦功をあげ,章武1 (221) 年漢の滅亡を機に劉備が帝位を称すると,その宰相となった。翌々年劉備が死ぬと,愚昧な後主劉禅を助け,再び呉と結んで魏と抗争し,生産を奨励して民治をはかり,雲南に進出して開発をはかるなど,蜀の経営に努力したが,魏との国力差はいかんともできず,国勢非なるうちに,魏の将軍司馬懿 (しばい) と五丈原 (陝西省び県) で対陣中病没した。魏と再度戦うべく出陣する際に奉った『出師表 (すいしのひょう) 』『後出師表』は,千古の名文とされ,これを読んで泣かざるものは人にあらず,とまでいわれた。報われることの少なかった生涯に対する同情が,民衆のなかで彼を超人的な兵略家として語り継がせることとなり,その伝説の結晶が『三国志演義』における諸葛孔明である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょかつ‐りょう〔‐リヤウ〕【諸葛亮】

[181~234]中国三国時代の、蜀漢(しょっかん)丞相。琅邪(ろうや)(山東省)の人。字(あざな)は孔明。劉備(りゅうび)に仕え、赤壁の戦い魏(ぎ)曹操を破った。劉備没後、その子劉禅を補佐出師(すいし)の表を奉って漢中に出陣、五丈原で魏軍と対陣中に没した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょかつりょう【諸葛亮】

181~234) 中国、三国時代の蜀漢しよつかんの宰相。字あざなは孔明。劉備に三顧の礼を受けて仕えたと伝えられ、天下三分の計を上申、劉備の蜀漢建国を助ける。劉備死後、子の劉禅を補佐し、五丈原で魏軍と対陣中死去。 → 出師すいしの表

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諸葛亮
しょかつりょう
(181―234)

中国、三国蜀(しょく)の丞相(じょうしょう)。字(あざな)は孔明(こうめい)。諡(おくりな)は忠武、武侯。琅邪(ろうや)陽都(山東省沂水(きすい)県)の人。早く父を失い、兄の瑾(きん)は呉(ご)に、亮は荊州(けいしゅう)に赴いた。襄陽(じょうよう)(湖北省)の西、隆中に住み、晴耕雨読、隆中吟を歌い自らを管仲(かんちゅう)、楽毅(がくき)に比し、人からは臥竜(がりゅう)と評された。劉表(りゅうひょう)を頼って荊州にきていた劉備(りゅうび)から、三顧(さんこ)の礼をとって迎えられ、備に天下三分の計を説き、その親密なこと君臣水魚の交わりと称される。曹操(そうそう)が南下して荊州を攻めると、孫権のもとに赴いて備と同盟してこれにあたることを説き、赤壁(せきへき)の戦いが行われた。続いて天下三分を実行すべく益州に赴くことを備に勧め、ついに益州の劉璋(りゅうしょう)を攻めて益州領有に成功したが、荊州は結局呉に奪われた。劉備が蜀を建てると丞相に任ぜられ、人心の宥和(ゆうわ)と内政の一新にあたった。備は死に臨んで後主劉禅(りゅうぜん)の補佐を委嘱している。亮は、荊州占領以来、国交の絶えていた呉との同盟を復活、また自ら軍を率いて南中(雲南)の平定にあたり、後顧の憂をなくしたあと、227年「出師(すいし)表」を上(たてまつ)って魏(ぎ)との戦いに北上した。「臣亮言う。先帝業を創(はじ)めいまだ半(なか)ばならざるに崩(ほうそ)したまえり」に始まる表は古来「読みて泣かざるものは忠臣にあらず」と評される名文である。第一次の戦いは馬謖(ばしょく)の敗北で失敗し、亮は泣いて馬謖を斬(き)った。その後数次にわたる北伐もついに成功せず、234年、五丈原(ごじょうげん)(陝西(せんせい)省)で宿敵司馬懿(しばい)との対陣中に没した。墓は定軍山にあり、成都に武侯祠堂(しどう)がある。[狩野直
『狩野直著『諸葛孔明』(1966・人物往来社) ▽宮川尚志著『諸葛孔明』(1978・桃源社) ▽林田慎之助著『中国の英傑5 諸葛孔明』(1986・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の諸葛亮の言及

【四川[省]】より

…都江堰も改修され,農業や特産〈蜀錦〉,農具製造などの重要な手工業が発展した。これはいわゆる〈三顧の礼〉をつくして劉備が招いた湖北隆中の知将,諸葛亮(孔明)の,益州すなわち四川は豊かな国であるという献策が事実であったことを物語っている。古い巴の中心重慶もまた,長江中流部との交流の拠点としてさかえた。…

【諸葛孔明】より

…中国,三国時代国の丞相で,代表的な忠臣とされる。本名は亮(りよう)で諸葛亮としても知られるが,字の孔明のほうが有名。琅邪(ろうや)陽都(山東省沂水(ぎすい)県)の出身であるが,早く父を失い,叔父に従って湖北省襄陽に割拠していた荆州長官の劉表のもとに寄寓し,晴耕雨読の生活を送ったが,その地の社交界では〈臥竜〉との評判を得ていた。…

【蜀桟道】より

…蜀桟は陝西省沔(勉)県(べんけん)より,四川省剣閣に至る道で,長安と成都を結ぶ交通上の難所にあたり,金牛道,石牛道とも呼ばれる。剣閣は大剣山(剣門山)に,諸葛亮(しよかつりよう)が石を鑿(うが)ち空に架して飛閣を作ったものである。三国,南北朝,金・元代と,しばしば戦場になった。…

【チノー族(基諾族)】より

…基諾山は普洱茶の六大茶山の一つでもある。昔,諸葛亮(孔明)は,雲南に南征した際につき従った戦士に茶の種を与えた。そしてその地にとどまって茶を植えた戦士たちが,今日のチノー族の祖先であるという。…

【南京】より

…周囲の地勢をみれば,東から南を紫金山(鍾山)を頂とする丘陵に囲まれ,北と南を長江に面し,天然の要害をなす。三国時代,蜀の諸葛亮(孔明)はこれを〈鍾阜(紫金山)は竜盤し(竜がひそむよう),石城(石頭山)は虎踞す(虎がうずくまるよう)。真に帝王の宅なり〉(《六朝事迹》)と評した。…

※「諸葛亮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

諸葛亮の関連情報