コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天祚帝 てんそていTiān zuò dì

世界大百科事典 第2版の解説

てんそてい【天祚帝 Tiān zuò dì】

1075‐1125
中国,第9代の皇帝。在位1101‐25年。耶律延禧(やりつえんき)。第8代道宗の孫。道宗の死をうけて即位したが,政治を怠り,国運が傾いた。そのとき,中国東北部に生女真の完顔部長阿骨打アクダ)(金の太祖)が立ったので,親軍をひきいて征伐に向かったが敗北。金との和議交渉も失敗し,金軍に追われて内モンゴルに逃げた。のち宋に逃げようとしたところを金軍に捕らえられ,遼は名実ともに滅んだ。金軍によって長白山に移されて死亡した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天祚帝の関連キーワードワンヤンアクダ(完顔阿骨打)金(中国の王朝)太宗[金]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android