コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外山 トヤマ

大辞林 第三版の解説

とやま【外山】

はずれの山。端の山。山の中心部(奥山・深山みやま)に対して、その周辺、特に人里に近い部分をいう。はやま。

とやま【外山】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の外山の言及

【カエデ(楓)】より

…〆の内(しめのうち)は葉が全裂し線形で3裂や5裂,7裂などになり,七五三ともよばれる。 ヤマモミジの品種の紅枝垂(べにしだれ)群には,手向山(たむけやま)(葉が全裂して裂片が羽状で細かく,枝はやや垂れる)や稲葉(いなば)枝垂,外山(とやま)などがあり,青枝垂群には切錦(きれにしき),鷲の尾(わしのお),関守などがある。そのほかの種に属する園芸品種には,ウリハダカエデの斑入葉に初雪楓(萌芽期に白く斑が入る)や,京錦とよぶ黄斑の品種があり,イタヤカエデには星宿り(黄色の散斑で鮮やかなもの),常盤(ときわ)錦(白斑のもの),エンコウカエデの斑入品で秋風(しゆうふう)錦などがある。…

※「外山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外山の関連キーワード仙台フィルハーモニー管弦楽団京都市交響楽団佐々木 千里川北耕之助外山 国彦間宮 芳生井上哲次郎矢田部良吉貸し手分析外山高原橋本珠里大和四座外山光実神原友于板倉勝彪真拆の葛猿楽四座早坂高原外山宣勝外山 寛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外山の関連情報