コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長白山 チョウハクサン

デジタル大辞泉の解説

ちょうはく‐さん〔チヤウハク‐〕【長白山】

白頭山(はくとうさん)(ペクトサン)の異称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長白山【ちょうはくさん】

中国東北地区と朝鮮との国境付近を,ほぼ鴨緑江に並行に北東〜南西へ走る山脈。松花江・鴨緑江・図們江の水源で,主峰は白頭山(2744m)。山地は原始林におおわれ,林業地帯をなす。
→関連項目吉林[省]松花江朝鮮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうはくさん【長白山 Cháng bái shān】

中国東北部の,朝鮮民主主義人民共和国との国境付近を走る山脈。北東~南西に走る平行山脈からなり,古い褶曲山脈が火山活動と河川の浸食をうけて形成されたものである。国境を走り,主峰白頭山(2744m)をいただく狭義長白山脈のほか,完達山,穆棱窩集嶺,老爺嶺,張広才嶺,吉林哈達嶺,老嶺などを含み,紅松など森林が繁茂し,毛皮獣に富み,多様な鉱物資源を豊富に埋蔵する。【河野 通博】 朝鮮側では白頭山から南南東に走る山脈を摩天嶺山脈といい,これと長白山脈をのせる台地は,東西240km,南北400kmに達する広さをもち,朝鮮の屋根とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長白山の関連キーワード高句麗をめぐる歴史認識問題チョウセンニンジンチャンパイシャンチャンペクサンチャンパイ山地ウスリー[川]テフラ年代学東北(中国)アムール川吉林[省]遼寧(省)遼寧[省]千山山脈遼東半島高句麗高其佩豆満江天祚帝通化楊朔

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長白山の関連情報