コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神平 てんじんだいら

1件 の用語解説(天神平の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんだいら【天神平】

群馬県北部,利根郡水上町にある高倉山北斜面の高原。標高1300~1400m。天神平スキー場がある。標高が高いため雪質がよく,11月から翌年5月までスキーができる。土合口から天神平まで2.2kmの谷川岳ロープウェーが通じ,谷川岳ロッジ,土合ハウスなどの宿泊施設も整っている。また谷川岳天神尾根登山コースの基点でもある。【有末 武夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天神平の関連キーワード猿ヶ京温泉法師温泉水上温泉谷川温泉洞元湖湯檜曽温泉たくみの里月夜野矢瀬親水公園水上町水紀行館

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天神平の関連情報