コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神平 てんじんだいら

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんだいら【天神平】

群馬県北部,利根郡水上町にある高倉山北斜面の高原。標高1300~1400m。天神平スキー場がある。標高が高いため雪質がよく,11月から翌年5月までスキーができる。土合口から天神平まで2.2kmの谷川岳ロープウェーが通じ,谷川岳ロッジ,土合ハウスなどの宿泊施設も整っている。また谷川岳天神尾根登山コースの基点でもある。【有末 武夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天神平の関連キーワード土合[駅]水上温泉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天神平の関連情報