天窓・天天(読み)てんてん

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐てん【天窓・天天】

〘名〙
① 頭をいう幼児語。つむり。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「天々(テンテン)をお動(いご)かしだとぞりぞりが剃ませんね」
② 手拭(てぬぐい)をいう幼児語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「手拭(テンテン)でお顔や手々をよヲくお洗ひ」
③ 手で頭を軽く打つ幼児のたわむれ。「おつむてんてん」
※雑俳・柳多留‐二九(1800)「あたまてんてん足でする角兵衛しし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android