コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手拭 てぬぐい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手拭
てぬぐい

手やからだを拭う布。古く「たのい」の名がみえる。現在は,並幅の木綿布に柄を染め (手拭染め) ,90cmぐらいの長さに切る。江戸時代中期まではさらし麻布の素地が用いられ,長さは一定せず,五尺 (約 1.5m) ,四尺手拭もあった。農作業その他の労働のとき,またの日や来客を迎えるときなどのかぶりものとしても古くから使われ,多様なかぶり方がある。そのほか,はちまき,襟かけなどの使い方もある。現在ではタオルの使用がふえ,手拭本来の使われ方は少くなった。なお,長手拭 (ながてのごい) ,五尺手拭は九州北部では兵児帯 (へこおび) ,しごきを意味し,東北地方では子負帯のことをいった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手拭
てぬぐい

洗顔、入浴、被(かぶ)り物などに用いる木綿の布で、わが国独特のものである。手拭は字のとおり手をぬぐうために用いる布で、古くは手巾と書き「たなごひ」「たのごひ」「てのごひ」と読んだ。江戸時代中期に手拭と書き、「てぬぐい」というようになった。木綿の手拭が用いられる以前は、晒(さらし)麻布が用いられ、長さは不定で、白のまま、または染めたものを切って用いた。晒麻布は近江(おうみ)晒、奈良晒が上品とされた。手巾は古くから用いられていたが、使用頻度が多くなったのは平安時代で、上層階級において儀式用およびその他に用いられ、寸法は一定していなかった。室町時代には汗ふきと手巾とに分けて用いるようになった。汗ふきは一尺二寸(約36センチメートル)、手巾は三尺(約90センチメートル)ぐらいの長さで浅葱(あさぎ)、梅染めなどの色染めのものが用いられた。四尺、五尺の長いものもあり、胴に巻いたり、頭上にのせ笠(かさ)をかぶるなどのほか、目印や指物などにも用いられた。桃山時代には風呂(ふろ)で手巾を頭上にのせるなど、民衆化へと移行、士民の実用に供された。
 江戸時代中期以後、晒麻布にかわって木綿の手拭が、初めは武家に、後期には一般に用いられ、実用、服飾、贈答、玩具(がんぐ)へと使用範囲が広くなった。手拭は普通、幅八寸(24センチメートル)、長さ三尺内外で、長いものは四尺、五尺とあり、入浴、汗ふき、被り物に用いられた。
 被り物としてのかぶり方には、ほおかぶり、大臣かぶり、米屋かぶり、けんかかぶり、あねさんかぶり、巻かぶり、鉢巻などの種類がある。手拭を頭上にかぶるのは、塵除(ちりよ)け、深傷(ふかで)を負わない、寒暑を防ぐ、人目を避けるなどの効用があった。また鉢巻、巻かぶりは頭をきゅっと締めることによって、気を引き締めるのに役だつとともに、額から落ちる汗が目に入らないようにするなどの利点がある。
 生産地は明治の初めごろは、伊勢(いせ)(三重県)、真岡(もおか)(栃木県)、愛知県、島根県、姫路(兵庫県)などであったが、のち今治(いまばり)(愛媛県)、大阪府南部、愛知、埼玉県と移り、近年では知多晒(愛知県)、大阪府南部のものが主として用いられている。染め上げたものには東京手拭、堂島手拭があり、柄合色目は瓶(かめ)のぞき、浅葱、紺、細川などが主で、藍(あい)染めが用いられた。浅葱地に白く文字または模様を染め抜いたもの、あるいは白地に浅葱または紺で染め出したものがある。柄は地白に藍染め、板締めによる芥子(けし)絞り(虱(のみ)絞り)、豆絞りがあり、絞りには有松絞り、博多絞り、手綱(たづな)絞り、蜘蛛(くも)絞りなどがある。
 明治以後ハンカチーフ、タオルなどの西洋手ふきが使用されるようになってから、日本手拭の使途はやや減る傾向にあり、とくに日常の洗顔、入浴ではタオルに押されている。しかし、祭礼や花見、商店の広告、土産品、記念品などに用いられ、図柄も風景、人物、古典的図柄、粋(いき)な図柄など、染め技術と意匠による多様化がみられ、趣味的、芸術的雰囲気が目だつようになっている。また芸能界での祝儀用として、それぞれの名入り、紋入りなど意匠をこらした手拭を配ることは、現在も広く行われている。このように日本手拭は、今日なお、わが国の風物、伝統的芸能、趣味に欠かすことのできないものの一つである。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

手拭の関連キーワード名びろめ(名弘)帯に短し襷に長し置き頭巾・置頭巾深川(舞踊音楽)右近源左衛門凍る・氷る出合ひ茶屋野郎帽子刷き掛け大漁祝いおなり神菊五郎縞知多木綿丹花の唇乾布摩擦柿手拭い宮染め定斎屋コアフ駆血法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手拭の関連情報