コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天表春命 あめのうわばるのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天表春命 あめのうわばるのみこと

旧事本紀(くじほんぎ)」にみえる神。
思兼神(おもいかねのかみ)の子。天孫降臨の際,警護のために天からくだされた三十二神の一神。信濃(しなの)(長野県)阿智氏らの祖先神。表春命ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天表春命の関連キーワード戸隠神社天上腹思兼神

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android