太刀限(読み)たちかぎり

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐かぎり【太刀限】

〘名〙 太刀のつづく限り。太刀が使えるかぎり。
※浄瑠璃・蝉丸(1693頃)四「あら心やすや、此うへはうでかぎり太刀かぎりと、身づくろひする所へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android