蝉丸(読み)せみまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蝉丸
せみまる

平安時代前期の歌人宇多天皇の皇子敦実親王の雑色 (ぞうしき) とも,醍醐天皇の第4皇子ともいい,逢坂の関あたりに住んだ。盲僧。『後撰集』以下に4首入集。『今昔物語集』巻二十四,『平家物語』巻十一にみえ,能および近松門左衛門浄瑠璃に『蝉丸』がある。琵琶名手で,逢坂関明神に祀られている。

蝉丸
せみまる

能の曲名。四番目物 (→雑物 ) 。世阿弥作とする説もある。延喜帝の第4子蝉丸 (ツレ) は,生れながらの盲目ゆえに,勅諚によって清貫に伴われ,逢坂山で髪をおろす (物着) 。蝉丸は前世の業障を現世で果させんとの父帝の慈悲と,琵琶を胸にひとりわら屋に残る。そこへ蝉丸の姉宮逆髪 (シテ) が,髪の逆立つ異形の体で現れ,狂乱して (カケリ) ,わら屋の内の琵琶の音に耳を留め,蝉丸と会う。2人はわが身の不遇を嘆くが (クセ) ,また逆髪はいずこともなく去っていく。本曲を素材として浄瑠璃に移したのが,近松門左衛門作『蝉丸』で,元禄 14 (1701) 年大坂竹本座で初演された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せみまる【蝉丸】

平安前期の伝説的歌人。宇多天皇の皇子敦実(あつざね)親王の雑色(ぞうしき)とも、醍醐天皇の第4皇子とも伝えられる。盲目で琵琶に長じ、逢坂(おうさか)山に住んで源博雅(みなもとのひろまさ)に秘曲を授けたという。生没年未詳。
謡曲。四番目物世阿弥作。盲目のため逢坂山に捨てられた延喜帝の皇子蝉丸が、そこで髪が逆立つ奇病をもつ姉の逆髪(さかがみ)に会い、互いの不運を嘆き合う。
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。元禄14年(1701)大坂竹本座初演。に題材をとって脚色したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蝉丸【せみまる】

能の曲目。四番目物。狂乱物。五流現行。琵琶の名手ながら盲目のため山に捨てられた皇子蝉丸と,姉宮逆髪(さかがみ)の邂逅(かいこう)を描く。弟の仏教的観(ていかん)と,狂乱の放浪者である姉の即興的な性格が描かれ,姉の描写にむしろ甘美な詩情がある。世阿弥の作とされる。これを翻案した浄瑠璃に近松門左衛門の《蝉丸》があり,その詞章の一部を流用した河東節《蝉丸笠の段》(半太夫節からの継承曲)もある。
→関連項目狂乱物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蝉丸 せみまる

?-? 平安時代中期の歌人。
「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」(「小倉百人一首」)で知られる伝説的人物。宇多天皇の皇子につかえた雑色(ぞうしき)とも,醍醐(だいご)天皇の第4皇子ともいう。「今昔物語集」では琵琶(びわ)の名手とされる。謡曲に「蝉丸」がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せみまる【蝉丸】

[1]
[一] 平安初期の歌人。伝説的人物で、宇多天皇の第八皇子敦実親王に仕えた雑色(ぞうしき)とも、醍醐天皇の第四皇子ともいう。盲目で琵琶に長じ、逢坂(おうさか)の関に庵を結び隠遁生活をしたと伝えられる。生没年不詳。
[二] 謡曲。四番目物。各流。作者不詳。古名「逆髪(さかがみ)」。延喜帝の第四皇子蝉丸の宮は幼少から盲目だったので、帝は清貫(きよつら)に命じて逢坂山に捨てさせる。蝉丸は頭を剃り、琵琶をだいて泣き沈む。一方、髪がさか立つ病気を持つ姉の逆髪の宮は、狂乱の体でさまよい歩いて逢坂山に至り、蝉丸の琵琶の音にひかれて弟と再会する。二人は互いの身の不幸を嘆き、やがて名残りを惜しみながら別れる。
[三] 浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。元祿一四年(一七〇一)大坂竹本座での上演は、竹本義太夫が筑後掾(ちくごのじょう)を受領した祝儀として再演されたもので、初演は元祿六年二月以前と推定。謡曲「蝉丸」に題材をとる。琵琶の名手蝉丸の宮は直姫を恋し、北の方の怨念で盲目となり、逢坂山へ捨てられるが、姉宮逆髪の祈祷で開眼する。
[四] 横笛の名器の名。
※続教訓鈔(14C前か)「蝉丸 或記云く、保延四年十一月廿四日夜半許、土御門内裏炎上のとき焼失」
[2] 〘名〙
① ((一)(一)が琵琶に秀でていたところから) 琵琶法師をいう。
※雑俳・柳多留‐二四(1791)「蝉丸に似た人をよぶ大法事」
② 蝉のこと。
※御伽草子・貴船の本地(室町時代物語大成所収)(室町末)「晴天の蝉丸は声ども惜しまずぞ叫びける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝉丸の関連情報