コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝉丸 せみまる

5件 の用語解説(蝉丸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蝉丸
せみまる

平安時代前期の歌人。宇多天皇の皇子敦実親王の雑色 (ぞうしき) とも,醍醐天皇の第4皇子ともいい,逢坂の関あたりに住んだ。盲僧。『後撰集』以下に4首入集。『今昔物語集』巻二十四,『平家物語』巻十一にみえ,能および近松門左衛門浄瑠璃に『蝉丸』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

蝉丸
せみまる

能の曲名。四番目物 (→雑物 ) 。世阿弥作とする説もある。延喜帝の第4子蝉丸 (ツレ) は,生れながらの盲目ゆえに,勅諚によって清貫に伴われ,逢坂山で髪をおろす (物着) 。蝉丸は前世の業障を現世で果させんとの父帝の慈悲と,琵琶を胸にひとりわら屋に残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せみまる【蝉丸】

平安前期の伝説的歌人。宇多天皇の皇子敦実(あつざね)親王の雑色(ぞうしき)とも、醍醐天皇の第4皇子とも伝えられる。盲目で琵琶に長じ、逢坂(おうさか)山に住んで源博雅(みなもとのひろまさ)に秘曲を授けたという。生没年未詳。
謡曲。四番目物世阿弥作。盲目のため逢坂山に捨てられた延喜帝の皇子蝉丸が、そこで髪が逆立つ奇病をもつ姉の逆髪(さかがみ)に会い、互いの不運を嘆き合う。
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。元禄14年(1701)大坂竹本座初演。に題材をとって脚色したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蝉丸【せみまる】

能の曲目。四番目物。狂乱物。五流現行。琵琶の名手ながら盲目のため山に捨てられた皇子蝉丸と,姉宮逆髪(さかがみ)の邂逅(かいこう)を描く。弟の仏教的諦観(ていかん)と,狂乱の放浪者である姉の即興的な性格が描かれ,姉の描写にむしろ甘美な詩情がある。
→関連項目狂乱物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蝉丸 せみまる

?-? 平安時代中期の歌人。
「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」(「小倉百人一首」)で知られる伝説的人物。宇多天皇の皇子につかえた雑色(ぞうしき)とも,醍醐(だいご)天皇の第4皇子ともいう。「今昔物語集」では琵琶(びわ)の名手とされる。謡曲に「蝉丸」がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

蝉丸の関連キーワード佐々木氏敦固親王王氏(2)慶子内親王是貞親王斉邦親王斉中親王源貞子行明親王行中親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蝉丸の関連情報