太田 咲太郎(読み)オオタ サキタロウ

20世紀日本人名事典「太田 咲太郎」の解説

太田 咲太郎
オオタ サキタロウ

昭和期の文芸評論家,フランス文学者



生年
明治44(1911)年3月20日

没年
昭和23(1948)年6月24日

出生地
東京

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部〔昭和9年〕

経歴
仏文学者、文芸評論家として幅広く活躍し、昭和18年ポール・ヴァン・ティーゲムの「比較文学」を翻訳刊行する。17年には「ゾラセザンヌ」を刊行。他の訳書にマルセル・アルランの「アンタレス」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android