コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比較文学 ひかくぶんがく comparative literature

6件 の用語解説(比較文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比較文学
ひかくぶんがく
comparative literature

19世紀のフランスで始り,20世紀以後は各国で盛んに行われるようになった文学研究の一分野。従来は一国民または一言語の文学がそれだけ単独に研究されていたのに対し,他国民または他言語の文学との影響関係そのほか横の関係を究明しようとするもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひかく‐ぶんがく【比較文学】

2国以上の文学を比較し研究する学問。文学相互の影響関係やそれぞれの特色などを実証的に調査・検討し、さらに国際的な文学の流れを明らかにしようとするもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

比較文学【ひかくぶんがく】

ある国の文学を他の国の文学と比較することによって相互の関係を明らかにする学問。19世紀以後フランスを中心に,おもに近代ヨーロッパ内部における文学の受容,影響の実証的研究に成果をあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひかくぶんがく【比較文学 comparative literature】

国文学の間の国際的影響,交流,対応関係に関する研究。
[発生]
 ヨーロッパ諸国における近代的文学研究は,まず,18世紀末から興ったナショナリズムの風潮を受けて,各国文学それぞれ個別に,独立一貫した流れとしてとらえようとする方向に進んだ。これが,一国の文学の発展を順に時代を追ってたどる,いわゆるイギリス文学フランス文学ドイツ文学などの方法であり,現在に至るまで文学研究の正統主流の位置を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひかくぶんがく【比較文学】

文学研究の一部門および一方法。二国以上の文学の間の交流・影響関係・対応を研究し、全世界的な文学の流れを明らかにしようとするもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比較文学
ひかくぶんがく
comparative literature英語
littrature compareフランス語

文学研究の一分野で、2か国以上にわたる国際的な文学現象を巨視的に扱う。文学の実証的研究が高度に発達してくると、限定された一国文学内の視野では不十分な場合が頻出する。夏目漱石(そうせき)や田山花袋(かたい)や芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の研究では、ある段階で当然彼らが外国の諸文学から摂取したものを知る必要に迫られるし、『源氏物語』の研究では、その中国古典文学との関連や、ウェーリー、サイデンステッカーらの英訳を通して海外でどのように読まれ、摂取されたかが問題となる。ダンテ、シェークスピア、ゲーテ、あるいは『聖書』『イソップ物語』『アラビアン・ナイト』『グリム童話』などの国際性はいわずもがな、森鴎外(おうがい)からドイツを、二葉亭四迷(ふたばていしめい)からロシアを、漱石からイギリスを、永井荷風(かふう)からフランスを、ラフカディオ・ハーンから日本を取り去っての研究は偏頗(へんぱ)のそしりを免れえない。ビセンテ、リルケ、ナボコフ、ベケット、野口米次郎(よねじろう)らのように、2か国語で書いた作家・詩人もいる。こうした、国文学者の手に負えない分野を扱うのが、数か国の言語・文学・文化に通じた比較文学者であり、国文学研究の後を受けてその重要な欠落部分を補うとともに、新たな展望を拓(ひら)く。[小林路易]

研究対象

文学の国際的伝播(でんぱ)(源泉と運命)、作家・作品の国際的影響(放出と受容)、異質の文学要因の併存(独創と暗合)など、事実関係の追究が比較文学の主たる任務であるが、ときには、ギリシア悲劇と能、シェークスピアと近松門左衛門、モンテーニュと吉田兼好(けんこう)のような類似性をもつ任意の二者間の「対比研究」や、文学のみならず芸術・文化一般の伝承・授受を扱う「比較文化学」をも手がける。海外文学との接触は、外国語に堪能(たんのう)な一部の読者や、森鴎外・上田敏・永井荷風・堀口大学などの翻訳者を除いて翻訳によることが多いから、翻訳および翻訳者の研究もまた「媒体研究」とよばれる比較文学のもっとも重要な一分野である。たとえば、『伊曽保(いそほ)物語』(イソップ物語)、『葉武烈土』(ハムレット)、『鈍機翁冒険譚(たん)』(ドン・キホーテ)など苦心のあとのにじんだ初期の翻訳、重訳、漢文訳や、『御伽婢子(おとぎぼうこ)』『雨月(うげつ)物語』から黒岩涙香(るいこう)、尾崎紅葉(こうよう)を経て、島崎藤村(とうそん)、芥川龍之介、中島敦(あつし)、太宰治(だざいおさむ)、三島由紀夫らに至る翻案文学など、興味深い対象が多い。そのほか、模倣・剽窃(ひょうせつ)・転訛(てんか)・もじりの研究、作家の読書や海外体験の研究、作家の目に映った、事実とは異なる外国のイメージ(迷景)の研究、国際的文学潮流(古典主義、ロマン主義、象徴主義、超現実主義、構造主義など)、国際的文芸ジャンル(ソネット、書簡体小説、歴史小説、日本漢詩、俳句など)の研究、海外における外国文学研究の実態調査など、研究領域はすこぶる広い。「比較文学」の名称は誤解されやすいが、かならずしも二者の比較ということではなく、本来は視野を国外にまで大きく広げて影響関係の実体を明らかにする一元的文学研究の意である。ただし、多元的、網羅的な広域研究もまた比較文学研究の一分野で、文芸思潮の国際的な広がりの全体的な把握は、とくに「一般文学」の名でよばれている。[小林路易]

起源と現況

比較文学は、ヨーロッパ諸国の文学研究が近代以後、各国別・各言語別に画然と縦割りで行われるようになるにしたがっておこった相互交流の要請の産物であり、デンマークのブランデス、イギリスのセンツベリらの先蹤(せんしょう)を経て、19世紀末からことにフランスにおいて発達した。1921年、バルダンスペルジェFernand Baldensperger(1871―1958)とアザールによって『比較文学雑誌』と『比較文学叢書(そうしょ)』がパリで創刊されて以来、ルソー、ゲーテ、バルザックなど近代作家に関する細かい歴史的事実の精査を中心に、フランスでの比較文学研究は一大学派をなした。今日ではフランスのほか、アメリカ、ロシア、ドイツ、イタリア、オランダなど世界の主要国のほとんどすべてに大なり小なり比較文学の研究センターが置かれ、活発な研究活動が行われている。
 日本では明治20年代、坪内逍遙(しょうよう)の「比照文学」「兄弟文学」に始まり、第二次世界大戦後、東京大学・早稲田(わせだ)大学などいくつかの大学と日本比較文学会(1948設立)を中心に急速に発達した。なかんずく、東大に比較文学比較文化専門課程を創設した島田謹二の斯学(しがく)への貢献は大きい。
 現在、比較文学は転換期にあり、今後、在来の微視的、実証的な研究と相まって、さらに広く、さらに自由に世界の文学現象が検討され、傑作誕生の神秘や、各国・各文明圏の文化的特性、ひいては全人類にとっての文学・芸術の究極的な意義が闡明(せんめい)されるようになることが期待されている。それと同時に、比較文学の研究成果の多くは、直接各国文学それぞれのなかへ分散して取り込まれるのが当然とみられるようになってきたから、比較文学はそれ独自の発達とともに、各国国文学の一分野の相貌(そうぼう)も呈しはじめている。[小林路易]
『ギュイヤール著、福田陸太郎訳『比較文学』(1953・白水社) ▽早稲田大学比較文学研究室編『比較文学――方法と課題』(1970・早稲田大学出版部) ▽中島健蔵他編『比較文学講座』全4巻(1971~74・清水弘文堂) ▽亀井俊介編『現代比較文学の展望』(1972・研究社出版) ▽吉田精一他編『比較文学』(1972・潮文社) ▽ヴァン・ティーゲム著、富田仁訳『比較文学』(1973・清水弘文堂) ▽芳賀徹他編『講座比較文学』全8巻(1973~76・東京大学出版会) ▽島田謹二著『日本における外国文学』全2巻(1975、76・朝日新聞社) ▽ヴァイスシュタイン著、松村昌家訳『比較文学と文学理論』(1977・ミネルヴァ書房) ▽松田穣編『比較文学辞典』(1978・東京堂出版) ▽富田仁編『20世紀文献要覧大系16 比較文学研究文献要覧――日本近代文学と西洋文学1945~1980』(1984・日外アソシェーツ) ▽佐々木英昭編『異文化への視線――新しい比較文学のために』(1996・名古屋大学出版会) ▽渡辺洋著『比較文学研究入門』(1997・世界思想社) ▽安徳軍一著『比較文学の視座 異文学間の言語宇宙』(1999・梓書院) ▽秋山正幸著『比較文学の地平 東西の接触』(2000・時潮社) ▽Y・シュヴレル著、福田陸太郎訳『比較文学』(2001・白水社) ▽小林路易著『掛詞の比較文学的考察』(2001・早稲田大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比較文学の関連キーワード国文学国際的国文AFS国際場裡先秦文学期間対応県の国際交流国際共助《国文学の発生》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比較文学の関連情報