コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田玉巌 おおた ぎょくがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田玉巌 おおた-ぎょくがん

?-? 江戸時代後期の書店主,儒者。
江戸両国で書店をひらくかたわら,「唐土歴代名家著述目録」などをあらわした。海量の日記(文化6年4月-5月)にその名がみえる。通称は金右衛門。号は玉巌堂とも。屋号は和泉(いずみ)屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田玉巌の関連キーワード儒者

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android