コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太虚・大虚 たいきょ

大辞林 第三版の解説

たいきょ【太虚・大虚】

おおぞら。虚空。
宇宙万物の根源を示す概念。中国の戦国時代に発生し、後漢から六朝時代にかけて儒仏道三教の宇宙生成論的な概念となった。北宋の張載ちようさいは、太虚は気の原初態で、万物は気の運動の一時的・局部的現象とした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

太虚・大虚の関連キーワード戦国時代六朝時代虚空根源後漢概念太虚北宋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android