コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺生石 せっしょうせき

7件 の用語解説(殺生石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殺生石
せっしょうせき

火山,温泉地域で,噴気孔から出る硫化水素亜硫酸ガス二酸化炭素などの有毒ガスによって,鳥や虫など小動物が死ぬようなところにある石につけられた俗名。那須湯本温泉の殺生石は特に名高く,付近に「飛ぶものは雲ばかりなり石の上」の芭蕉の句碑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

殺生石
せっしょうせき

能の曲名。五番目物 (→尾能 ) 。佐阿弥安清作という。鳥羽天皇の宮廷に仕えた玉藻の前 (きつねの化身) が殺されて石と化し害をするのを,後深草天皇の代,玄翁和尚が法力により成仏させる。御伽草子『玉藻草紙』と同材。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっしょう‐せき〔セツシヤウ‐〕【殺生石】

栃木県那須温泉の近くにある溶岩の塊。鳥羽天皇の寵姫玉藻前(たまものまえ)は妖狐の化身で、殺されて石になったという。この石に触った人に災いを与えたので後深草天皇の時、玄翁(げんのう)和尚が杖(つえ)で打つと二つに割れて死霊が現れ成仏して消えたと伝える。
[補説]曲名別項。→殺生石

せっしょうせき【殺生石】[謡曲]

謡曲。五番目物玉藻前(たまものまえ)が狐の本性を現して討たれ、執心をもったまま殺生石に変じて人に災いを及ぼすが、玄翁(げんのう)和尚の法力によって成仏する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょうせき【殺生石】

火山や温泉,地熱地帯では,噴気孔から噴出する硫化水素,亜硫酸ガス,炭酸ガスなどのために近寄った鳥や虫が死ぬことがあり,ときに人も死ぬこともあるが,その噴気孔の付近の岩石を俗に殺生石と呼ぶことがある。那須温泉,大分県の大船山,久住(くじゆう)山などにある。なかでも那須湯本の北200mにある殺生石は九尾狐の玉藻前(たまものまえ)伝説として広く知られている。松尾芭蕉は《おくのほそ道》にその光景を〈石の毒気いまだほろびず。

せっしょうせき【殺生石】

能の曲名。五番目物。作者不明。佐阿弥作ともいう。シテは妖狐の霊。玄翁(げんのう)という僧(ワキ)が下野の那須野を通りかかると,巨石があってその上空を飛ぶ鳥が落ちてくる。そこへどこからともなく女(前ジテ)が現れて,石の付近は危険だと声を掛け,石の由来を語って聞かせる。むかし宮中に学芸優れた美女がいて,なにを尋ねても曇りなく答えたので,玉藻前(たまものまえ)と名付けられたという。ある夜秋風に灯火が消えたとき,玉藻前の体から光を発して宮中を照らしたが,それ以来帝は病となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっしょうせき【殺生石】

栃木県那須町湯本にある溶岩の大塊。鳥羽天皇の寵姫玉藻前たまものまえに化けた金毛九尾の狐が殺されて化したと伝えられる石。後深草天皇のとき、玄翁げんのう和尚が杖で石を二つに割り、現れた霊を成仏させたという。
能の一。四・五番目物。作者未詳。殺生石に題材をとったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の殺生石の言及

【玉藻前】より

…鳥羽法皇の寵姫(ちようき)玉藻前は,天竺(てんじく)と中国において,婬酒によって王を蕩(とろか)し,すこぶる残虐な所行や悪の限りをつくした果てに,日本に飛来した金毛九尾(きゆうび)の狐の化身であった。この妖狐は,陰陽師安倍泰成に正体を見破られ,那須野に逃げるが射殺され,その霊は石と化して近寄る人や鳥獣を殺す殺生石(せつしようせき)になったという。のちに玄翁(げんのう)和尚の法力で,妖狐の精魂は散滅させられた。…

【那須岳】より

… 山麓には温泉が多数湧出し,東麓の那須湯本,弁天,大丸(おおまる)などの温泉と西麓の三斗(さんど)小屋温泉,南麓の板室温泉が那須温泉郷を形成している。湯本温泉集落北西に隣接する殺生石は芭蕉の《おくのほそ道》にも記され,今でも硫化水素を放出し温泉が湧出する。この温泉が湯川に流入して,この川を酸性にしている。…

※「殺生石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

殺生石の関連キーワード猩々当麻黒塚谷行一番目物鬼畜物祝言能須磨源氏橋弁慶花筐

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殺生石の関連情報