宋玉(読み)そうぎょく

日本大百科全書(ニッポニカ)「宋玉」の解説

宋玉
そうぎょく

生没年不詳。中国、戦国末期の(そ)国の辞(じふ)作家。伝記も明らかでないが、往古の記録から推せば、楚の鄢(えん)(湖北省宜城県)の人。貧士の出身で、頃襄(けいじょう)王(在位前298~前263)に仕えて小官となり、やがて唐勒(とうろく)・景差(けいさ)とともに楚の宮廷文壇に参加し、なまめかしく美しい作風をもって頭角を現したらしい。彼の作風は、以後に展開する漢代宮廷辞賦の先駆をなすものといえる。その作品は、もと16編あったといわれるが、現在伝わる辞賦のうち、ほぼ確実なものは、『楚辞』所収の「九弁」「招魂」、『文選(もんぜん)』所収の「風賦」「高唐賦」「神女賦」「登徒子好色賦」の六編。いずれも甘美で哀切な叙情に富む作品である。

[岡村 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宋玉」の解説

宋玉
そうぎょく
Song Yu

中国,戦国時代末の文学者。楚の大夫で,屈原門下であったといわれるが確かではない。の作者で,屈原に次ぐ者として「屈宋」と並称される。『楚辞』に収められる『九弁』『招魂』や,『文選 (もんぜん) 』に収められる『風賦』『高唐賦』『神女賦』『好色賦』『対楚王問』などが残っているが,これも多くは後人の作といわれる。確かに彼の作とされる『九弁』は不遇の士をいたむ憂愁と,俗世間への不平反発をその内容とする。特に旅人の別れの心情を凋落する秋景に託した冒頭のは有名で,「宋玉悲秋」という言葉まで生み,後世の文学に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「宋玉」の解説

そう‐ぎょく【宋玉】

中国、戦国時代末の楚の文人。鄢(湖北省宜城)の人。作品に「九弁」「高唐賦」「神女賦」などがあり、形式、内容ともに屈原の継承者とされる。平安朝では宋生、宋大夫とも記される。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「宋玉」の解説

そうぎょく【宋玉 Sòng Yù】

中国,戦国時代末期の文学者。屈原の弟子とされる。屈原にならって主として辞賦作品を作ったが,その批判精神は受け継げず,主君好悪のままに作品を作る宮廷作家の最も早い例ともされる。宋玉の作品として,《文選》には〈風の賦〉〈高唐の賦〉〈神女の賦〉〈登徒子好色の賦〉など,《楚辞章句》には〈九弁〉〈招魂〉などが収められるほか,《古文苑》にも幾編かの宋玉作と称する作品が収められている。しかし彼の伝記に確実なよりどころのないこととあわせて,それぞれの作品の来歴にも多くの問題のあることが指摘されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宋玉の言及

【詩】より

…《詩経》が北方黄河流域に発生したのに対し,《楚辞》は南方長江(揚子江)中流域,楚の国に生まれた。古い伝承によれば,《楚辞》は屈原とその弟子の宋玉らの作だという。なかでも,最も有名な〈離騒〉は,代表的な作者たる屈原が,みずからの世にいれられぬ苦悶をうたったものとして知られる。…

※「宋玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android