太阿記(読み)たいあき

世界大百科事典 第2版の解説

たいあき【太阿記】

江戸時代初期の禅僧沢庵の著。1巻。著作年代は寛永年間(1624‐44)とする説もあるが不詳。〈太阿〉とは金鉄や玉石をも自由に切ることのできる名剣をいうが,〈名剣の刃に障るものなきと一般なるが故に,此の妙用の力を太阿の剣とは名づくるなり〉として,悟りを得たものの大きなはたらきをいう妙用(みようゆう)の意にたとえている。兵法・剣術に通達するとはいかなることかをテーマに禅を説き,真実の兵法は言葉で語り伝えたり,人から教えられて習うようなものではなく,まさに教外別伝の法であり,自悟自得せねばならぬ法であるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android