コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動智神妙録 ふどうちしんみょうろく

大辞林 第三版の解説

ふどうちしんみょうろく【不動智神妙録】

沢庵宗彭そうほうの仮名法語。柳生宗矩むねのりのために、禅の教えや人生への心構えなどを説いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動智神妙録
ふどうちしんみょうろく

沢庵(たくあん)(1573―1645)の著。一巻。禅の立場から兵法(剣術)における、とくに勝負に臨む心の持ち方や置きどころについて、いわゆる不動智を中心に解説した心法書。この書はもと将軍への上書で、書名はなく、その成立年代は1636年(寛永13)の9月、沢庵は一夕、家光(いえみつ)に召し出されて、柳生宗矩(やぎゅうむねのり)、鍋島直能(なべしまなおよし)の同席のもと、兵法に関して談じ合ったが、このときの談義につき沢庵の返答という形で一冊にまとめたのがこの書である。宗矩に与えられた1本は、兵法書に簡約・改編されて『不動智』の名で門人に授与された。1779年(安永8)、京都の書林から仮名法語(かなほうご)の一冊として板行され、一般の人々にも愛読された。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

不動智神妙録の関連キーワード剣禅一致仮名法語沢庵宗彭

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android