コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動智神妙録 ふどうちしんみょうろく

大辞林 第三版の解説

ふどうちしんみょうろく【不動智神妙録】

沢庵宗彭そうほうの仮名法語。柳生宗矩むねのりのために、禅の教えや人生への心構えなどを説いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動智神妙録
ふどうちしんみょうろく

沢庵(たくあん)(1573―1645)の著。一巻。禅の立場から兵法(剣術)における、とくに勝負に臨む心の持ち方や置きどころについて、いわゆる不動智を中心に解説した心法書。この書はもと将軍への上書で、書名はなく、その成立年代は1636年(寛永13)の9月、沢庵は一夕、家光(いえみつ)に召し出されて、柳生宗矩(やぎゅうむねのり)、鍋島直能(なべしまなおよし)の同席のもと、兵法に関して談じ合ったが、このときの談義につき沢庵の返答という形で一冊にまとめたのがこの書である。宗矩に与えられた1本は、兵法書に簡約・改編されて『不動智』の名で門人に授与された。1779年(安永8)、京都の書林から仮名法語(かなほうご)の一冊として板行され、一般の人々にも愛読された。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

不動智神妙録の関連キーワード剣禅一致仮名法語沢庵宗彭

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不動智神妙録の関連情報