玉石(読み)たまいし(英語表記)cobble stone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉石
たまいし
cobble stone

一般に堅緻な石塊で,圭角を失いほぼ球形をなすもの。片手で取扱いうる大きさのものは大礫ということもある。海中工事の基礎としての捨石に使ったり,蛇籠 (じゃかご) に入れたり,舗石に用いたりするほか近年は砕石の原料とする。筑豊炭田では,炭層中に存在するほぼ楕円形石炭塊を玉石または胴乱と俗称することもある。表面が平滑で黒色に輝き,ねぎ状の構造をもち,はがれやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐せき【玉石】

玉と石。
価値のあるものとないもの。良いものと悪いもの。「玉石混淆
宝石。〈日葡

たま‐いし【玉石】

河川などにある丸い石。直径20~30センチのものを建築の基礎や・庭などに使用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょくせき【玉石】

玉と石。また、よいものと悪いもの。
宝石。 〔日葡〕
[句項目] 玉石俱に焚く

たまいし【玉石】

川や海岸などにある丸い石。石垣・庭などに使う。丸石。
炭層の中にある、卵形の珪化した石炭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょく‐せき【玉石】

〘名〙
① 玉と石。
※続日本紀‐天平一五年(743)九月己酉「斐太始以大坂沙玉石之人也」
② 玉のようにすぐれたものと、石のようにつまらないもの。尊いものと卑しいもの。良いものと悪いもの。→玉石混淆
※本朝文粋(1060頃)三・陳徳行〈紀斉名〉「玉石自異。聖哲将凡庸流」 〔楚辞‐九章・懐沙〕
③ 玉(ぎょく)。宝石。〔日葡辞書(1603‐04)〕

たま‐いし【玉石】

〘名〙
① 川や海に産する丸い石。
※鶯(1938)〈伊藤永之介〉「去年の夏山女魚(やまべ)を釣りに行って苔の生えた玉石に足を滑らした弾みに」
② 炭層中に産する珪化した塊状の石炭。
③ サザエ科の小螺貝。酢貝のこと。外面が丸く突出している。幼児の玩具に用いられることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の玉石の言及

【砂利】より

…岩石が風化,流水,転落などの自然作用によって砕かれ,角ばりがとれた状態になったもの,またはその集合体のこと。ふつう粒の大きさが5~60mm程度のものをいうが,それ以上で約300mm以下の大型のものを玉石(たまいし)cobbleと呼び,これも砂利に含めることがある。これらに対して岩石を人工的に破砕・整粒した人工の砂利,すなわち砕石(さいせき)があるが,ふつう砂利といえば天然のもののみを指す。…

※「玉石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉石の関連情報