コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫巌智樵 ふがん ちしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夫巌智樵 ふがん-ちしょう

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)心月寺の海〓(“くにがまえ”の中に上に「西」下に「土」)梵覚(かいえん-ぼんかく)に師事し,その法をつぐ。心月寺,のち同国慈眼寺の住持となり,晩年英林寺をひらいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

夫巌智樵の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android