曹洞(読み)ソウトウ

デジタル大辞泉 「曹洞」の意味・読み・例文・類語

そう‐とう〔サウ‐〕【曹洞】

曹洞宗」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「曹洞」の意味・読み・例文・類語

そう‐とうサウ‥【曹洞】

  1. 〘 名詞 〙そうとうしゅう(曹洞宗)」の略。
    1. [初出の実例]「五家者臨済、曹洞、雲門、潙仰、法眼也」(出典:尺素往来(1439‐64))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「曹洞」の解説

曹洞 そうとう

?-? 戦国時代画家
相阿弥(そうあみ)の画風をしめし,墨画による人物をえがいた。「曹洞」を曹洞宗の僧がもちいる印とみなして,画家名であることを疑問視する説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の曹洞の言及

【良价】より

…中国,唐代の僧。曹洞宗の開祖。悟本大師。…

※「曹洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android