越前(読み)エチゼン

デジタル大辞泉の解説

えちぜん〔ヱチゼン〕【越前】


旧国名。北陸道7か国の一。現在の福井県北部にあたる。越(こし)の国天武天皇の時代に3分して成立。8~9世紀に能登加賀2国を分離。古称、こしのみちのくち。
福井県中部の市。もと越前国府の所在地で、明治2年(1869)まで府中といった。越前鎌などの打刃物(うちはもの)や越前紙の伝統技術がのこる。平成17年(2005)10月、武生(たけふ)市と今立町が合併して成立。人口8.6万(2010)。
《越前松平家の行列で立てる槍鞘(やりさや)からの連想》包茎
「―は一生幼な顔うせず」〈柳多留・二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

越前

福井県丹生郡越前町にある道の駅。国道305号に沿う。越前加賀海岸に位置し、地域物産店や温泉露天風呂、越前がにミュージアムなどの施設がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

えちぜん【越前】

旧国名の一。ほぼ福井県中・北部に相当。古名、こしのみちのくち。
福井県中部の市。武生たけふ盆地に位置し、市中央を日野川が南北に流れる。越前国府の所在地。商工業が発達。越前打刃物、越前和紙などの伝統工業がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越前の関連情報