コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良許知麻呂 ならのこちの まろ

2件 の用語解説(奈良許知麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良許知麻呂 ならのこちの-まろ

?-? 奈良時代の農民。
大和(奈良県)の人。親に孝養をつくして和銅7年(714)表彰され,終身にわたり課役を免除された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奈良許知麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代に表彰された孝子。大和国添上郡(奈良市)の人で,性質が孝順で,かつて後母に讒言され,父の家に出入りできなくなったが,少しも怨む気色がなく,いよいよ孝養を尽くした。和銅7(714)年これを表彰し,終身税金を免除した(『続日本紀』)。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良許知麻呂の関連キーワード辰の市大和国家大和路大名麻呂春日倉老志斐三田次庄六高橋波自米女角広弁余秦勝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone