奈良許知麻呂(読み)ならのこちのまろ

朝日日本歴史人物事典「奈良許知麻呂」の解説

奈良許知麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代に表彰された孝子大和国添上郡(奈良市)の人で,性質が孝順で,かつて後母に讒言され,父の家に出入りできなくなったが,少しも怨む気色がなく,いよいよ孝養を尽くした。和銅7(714)年これを表彰し,終身税金を免除した(『続日本紀』)。

(森公章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「奈良許知麻呂」の解説

奈良許知麻呂 ならのこちの-まろ

?-? 奈良時代の農民。
大和(奈良県)の人。親に孝養をつくして和銅7年(714)表彰され,終身にわたり課役を免除された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android