コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉幣使 ホウヘイシ

デジタル大辞泉の解説

ほうへい‐し【奉幣使】

奉幣のため、陵墓・神社などに参向する使者。奉幣帛使(ほうへいはくし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうへいし【奉幣使】

勅命によって、奉幣のために山陵・神宮・神社に出向いた使者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奉幣使の関連キーワード藤原巨勢麻呂幣帛供進使忌部呰麻呂御代参街道忌部鳥麻呂大中臣国雄大中臣豊雄祇園臨時祭大中臣諸魚北野天満宮一国平均役御杖(村)日光例幣使鹿島神宮忌部子首熱田神宮桜町天皇二十二社和気彜範伊勢の使

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android