コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本紀略 にほんきりゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本紀略
にほんきりゃく

神代から後一条天皇長元9 (1036) 年までの編年体歴史書。平安時代後期の成立。編者巻数など不明。内容は次の3つに大別される。 (1) 『日本書紀』をそのまま転載した神代の部。これは今日,嘉元4 (1306) 年の書写本の本文とまったく同じである。 (2) 六国史を抜粋した神武天皇から光孝天皇までの部分。ここでは,桓武天皇の命令によって削除される以前の型の『続日本紀』をも利用した点が特筆される。 (3) 宇多天皇以後の部。今日散逸してしまった『新国史』や政府関係の記録から取材したが,記事が簡略化され事柄の概要だけがわかる。 (3) (2) (1) の順で成立したらしいが,(1) は後人の仕業かもしれない。『日本史記略』『日本史略』など書名が一定せず,『日本紀略』は江戸時代に入ってからの呼び名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本紀略【にほんきりゃく】

歴史書。34巻。《日本紀類》《編年紀略》とも。著者不詳。平安末期成立。神代から後一条天皇までの通史を編年体で記述。六国史(りっこくし)の欠を補う重要史料。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんきりゃく【日本紀略】

神代から後一条天皇の1036年(長元9)にいたる編年体の通史。34巻。著者未詳。平安末期の成立。神武天皇から光孝天皇にかけては六国史の記事を簡略化し,宇多天皇以後は,《新国史》《外記日記》その他の史料によって記事を構成したとみられる。神代の部分は《日本書紀》の本文そのままで,後人の補入かと思われる。ことに《日本後紀》の欠佚部分については,本書の記事の価値が大きい。《新訂増補国史大系》所収。【笹山 晴生】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんきりゃく【日本紀略】

歴史書。三四巻。編者未詳。平安末期成立。神代から後一条天皇の時代までを漢文・編年体で略述したもの。神代は日本書紀から採り、神武天皇から光孝天皇までは六国史を抄録し、宇多天皇以降は公私の日記・記録を採録している。日本紀類。編年紀略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本紀略
にほんきりゃく

神代から後一条(ごいちじょう)天皇(在位1016~36)までの編年体の史書。34巻。著者不詳。成立は平安末期。『日本紀類』『編年紀略』ともいう。前半は六国史(りっこくし)を抄録したもの。後半は、書法、体裁がまったく前半と異なり、公私の日記などを史料とし、編者の記述にかかるもの。前半の六国史を抄出した部分は、六国史と出入りがあって、国史の欠を補うところが少なくない。後半は、六国史にない部分であって、平安時代研究の重要史料。醍醐(だいご)天皇(在位897~930)から後一条天皇までの部分を『九代略記』『九代実録』ともよぶ。古く、流布本は醍醐天皇以後のものであったが、『国史大系』所収のものは完本。[林 幹彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本紀略の関連キーワード日本三代実録新治郡衙跡飛鳥坐神社上品蓮台寺恒世親王日本逸史山崎知雄藤原百川木ノ芽峠志波城跡摂関政治屛風土代安和の変屏風土代乙訓寺富士山古筆学黄櫨染日振島志波城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本紀略の関連情報