奉幣(読み)ホウヘイ

百科事典マイペディアの解説

一般には神社に幣帛(へいはく)を奉る意味に用いられるが,古代では特に勅旨をもって山陵や神社に幣帛を奉ることをいった。この場合,神祇官が幣帛を頒(わか)ち,これを使(奉幣使,例幣使など)に渡して奉らしめた。明治政府は即位礼や大嘗(だいじょう)祭,立太子礼,天皇成年式,成婚式の当日に伊勢神宮と神武天皇山陵および先帝山陵に奉幣を行った。→日光例幣使

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ほうべい」とも) 神に幣帛(へいはく)をささげること。
※延喜式(927)六「初使至社奉幣之後、於社前両社禰宜、祝及忌子等祿

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奉幣の関連情報