契約の偽計(読み)ケイヤクノギケイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

契約の偽計

金融商品取引法38条の2は、投資一任契約や投資顧問契約の締結時や解約時に、うその説明をするなどの行為を「契約の偽計」として禁じている。違反した場合は、3年以下の懲役または300万円以下の罰金。監視委がこの容疑で強制調査をした例はないという。偽計とは、人をあざむくことをいい、金商法では他に、相場の変動を図る目的でうその情報を流すことなども、偽計として禁じている。

(2012-03-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

契約の偽計の関連情報