コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奚婁鼓 けいろうこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奚婁鼓
けいろうこ

中国唐代の西域楽で用い,さらに日本に伝承した膜鳴楽器。「雞婁鼓」とも書く。中央がふくらんだ両側に皮を当て,鋲で留めてある。古くは胴は球形に近く,皮面の直径の小さいものを左腋にはさんで右手桴で打ったが,のちに胴はやや扁平になり,しかもそれを首から吊るようになった。左手に持つふりつづみと組合せて用いられるのが普通で,舞楽一曲』の左方舞人が舞具として用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

奚婁鼓の関連キーワード奈良県生駒郡三郷町立野南とう

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android