コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西域楽 せいいきがく

1件 の用語解説(西域楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西域楽
せいいきがく

中国古代から代前半に西方諸国(西域)から伝来した音楽。南北朝隋唐の音楽を支配し,宋以後の音楽のさきがけとなった。「さいいきがく」とも読む。西域の範囲は時代によって異なるが,東西トルキスタンからインド,ペルシア,アラビアにも及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の西域楽の言及

【揩鼓】より

…答臘鼓(とうろうこ)とも言う。インド起源で,中国の六朝時代に西域から伝来し,宮廷燕饗楽のための西域楽(十部伎)の亀茲(きじ)楽,疎勒(そろく)楽,高昌楽で用いられた。その奏法は左手で一革面をささえて,右手の指ですって鳴らすか,あるいは指弾する。…

※「西域楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone