コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膜鳴楽器 まくめいがっきmembranophone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膜鳴楽器
まくめいがっき
membranophone

ホルンボステル=ザックス楽器分類法の一分科。を張り,その振動によって発音する楽器で,ドラム類をさす。ヨーロッパでは,ティンパニ大太鼓中太鼓,小太鼓,タンブランなどが代表的であるが,南米のコンガ,ボンゴ,中国の類,インドのタブラムリダンガ,ドール,アラビアのナッカーラダラブッカ,日本の雅楽用大太鼓 (だだいこ) ,三の鼓 (つづみ) ,羯鼓 (かっこ) ,能楽囃子用の大鼓 (おおつづみ) ,小鼓,歌舞伎用の大太鼓 (おおだいこ) ,大拍子 (だいびょうし) ,かんから太鼓,宗教用の神楽太鼓,柄太鼓などもこの類に入る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まくめい‐がっき〔‐ガクキ〕【膜鳴楽器】

強く張った膜状のものの振動によって音を発する楽器の総称大部分はたたいて音を出す太鼓の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

膜鳴楽器【まくめいがっき】

楽器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まくめいがっき【膜鳴楽器】

楽器の分類用語。強く張った膜を衝撃(打つ・こする)により振動させて音を発する楽器。大部分は鼓や太鼓の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膜鳴楽器
まくめいがっき
membranophone 英語 フランス語
Membranophonドイツ語

ホルンボステル‐ザックスの楽器分類法(MHS方式)で、しっかり張った膜によって音を出す楽器。奏法により、次の四つに下位分類される。(1)打奏太鼓 膜を直接打ち、たたくもの(ティンパニ、タンバリン、でんでん太鼓など)。(2)摘奏太鼓 膜の中央に弦を結んであり、弦の振動で膜を振動させるもの(インドのコモックとゴピ・チャンドラなど)。(3)擦奏(さっそう)太鼓 手で直接、あるいは棒や紐(ひも)などを介して膜をこするもの(ヨーロッパのロメルポットなど)。(4)歌奏太鼓 膜に歌いかけたり話しかけたりすることで膜を振動させ、声に響きをつけるもの(朝鮮の大(たいきん)、中国の明笛(みんてき)など)。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の膜鳴楽器の言及

【楽器】より

…このため楽器学や民族音楽学で楽器を分類する場合は,この3分法でなく,通常ホルンボステルとC.ザックスが《楽器分類学》(1914)で提唱したザックス=ホルンボステル法と呼ばれる分類法を用いる。それによると,あらゆる楽器は,まず体鳴楽器idiophones,膜鳴楽器membranophones,弦鳴楽器chordophones,気鳴楽器aerophonesの4種類に分類され,それぞれがさらに細かく分類される。しかし,この分類法にも弱点が指摘されており,ほかにさまざまな方法が考案されている。…

【打楽器】より

…革の裏面に響線を付けたもの,打面に米と墨を練り合わせたものを塗って音質に変化をつけたものなどもある。 分類方法もさまざまだが大部分の打楽器は体鳴楽器と膜鳴楽器に分類できる。(1)体鳴楽器 楽器自体の振動によって音を発する。…

※「膜鳴楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

膜鳴楽器の関連キーワード大鼓(おおつづみ)ドラム(楽器)ホルンボステルタブラタランガパーカッションアラビア音楽アフリカ音楽サイドドラムトム・トムインド音楽電鳴楽器クンダン弦鳴楽器気鳴楽器体鳴楽器トンバクダマル締太鼓ドゥフ奚婁鼓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android