コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥利根湖 おくとねこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕奥利根湖(おくとねこ)


群馬県北部、利根川源流部の矢木沢(やぎさわ)ダムによってできた人造湖。矢木沢ダムは、1967年(昭和42)完成の、東京都の上水道源、群馬用水の水源、発電などに利用されるダムで、アーチ式コンクリートダム(堤高131m、堤長352m、面積5.7km2、総貯水容量2億430万m3)。アーチ式コンクリートダムとしては黒部(くろべ)ダムに次ぐ規模。利根川ダム群の最上流部に位置し、下流に続く洞元(どうげん)湖・藤原(ふじわら)湖とともに奥利根3湖とよばれる。ブナの原生林に囲まれ、イワナ・ニジマス・コイなどの釣りができる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

奥利根湖

群馬県利根郡みなかみ町の利根川水系利根川にある矢木沢ダムダム湖。周辺一帯は「利根川源流部自然環境保全地域」に指定されており、ブナやナラの原生林が広がる。近郊にはみなかみ温泉郷がある。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の奥利根湖の言及

【矢木沢ダム】より

…高さ131m,堤頂長352m,堤体積57万m3であるが,右岸に低い鞍部(あんぶ)があってここに高さ55m,堤頂長136m,堤体積10万m3のロックフィルダムをつくってある。貯水池(奥利根湖)の湛水(たんすい)面積5.7km2,総貯水量2億m3,有効貯水量1億8000万m3,4m3/sの水を利根導水路を経て東京に送っており,これは約170万人分の生活用水にあたる。渇水になって水事情が悪くなると,すぐこのダムの状況が報じられる。…

※「奥利根湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥利根湖の関連キーワード群馬県利根郡みなかみ町みなかみ(町)水上[町]八木沢ダム洞元湖人造湖水上

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android