コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なら ナラ

デジタル大辞泉の解説

なら[接]

[接]それなら」のくだけた言い方。じゃあ。「もう片付いたのか。なら帰るよ」

なら[助動]

[助動]
《断定の助動詞「だ」の仮定形》⇒[助動]
《断定の助動詞「なり」の未然形》⇒なり[助動]

なら[副助・並助]

[副助]《断定の助動詞「なり」の未然形から》体言に付く。話題となるものを取り上げて示す。…について言えば。「母なら間もなく帰ると思います」
[並助]《近世語》いくつかの事柄を並列して言うのに用いる。…といい、…といい。→なり[並助]
「姿―面体―、京のどなたの奥様にも誰が否とはいなば山」〈浄・堀川波鼓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なら

( 接続 )
ならば。 「軽い打撲だって。-、大丈夫だ」

なら

( 助動 )
断定の助動詞「だ」の仮定形。 → だ(助動)
断定の助動詞「なり」の未然形。 → なり(助動)

なら

( 並助 )
〔助動詞「なり」の未然形からの転。近世語〕
体言に付いて、いくつかの事柄を並べ上げていうのに用いる。…といい…といい。 「姿-面体-、京のどなたの奥様にも誰が否とはいなばの山国そだちとはおもはれず/浄瑠璃・堀川波鼓 」 「心だて-きりやう-、ほんに女子おなごのすかねえ眼がんといふやらうだぜ/滑稽本・八笑人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ならの関連キーワード人に勝たんと欲する者は必ず先ず自ら勝つ己に如かざる者を友とするなかれ儘ならない・儘ならぬ・侭ならぬ文事ある者は必ず武備あり相手のない喧嘩はできぬ義理と褌欠かされぬ鳴くまで待とう時鳥抜き差しならない寄らば大樹の陰示しがつかない成ろう事なら壁の物言う世世が世ならばさらむには何だったら符号の規則目じゃないことならば着色ガラス成る可くは

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ならの関連情報