コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥州管領 オウシュウカンレイ

世界大百科事典内の奥州管領の言及

【奥州探題】より

…室町幕府の陸奥国行政機関。南北朝時代は奥州管領と呼ばれる。中先代の乱直後の1335年(建武2)8月,足利尊氏は鎮守府将軍北畠顕家に対抗して斯波家長を奥羽の統率者として登用する。…

【出羽国】より

…しかし南北両朝の対立によって,北朝足利方も奥羽併管の特設軍政官を派遣し,出羽でも南北両党はめまぐるしく激突した。足利方の担当官は奥州総大将斯波家長,石塔義房をへて,1345年(興国6∥貞和1)奥州管領制に切り換えられる。南北両朝ともに,奥羽両国をひとつの広域行政区として支配しようとしたのである。…

【二本松氏】より

…陸奥国の国人領主。奥州管領家。南北朝動乱中の1345年(興国6∥貞和1),畠山国氏・吉良貞家両名が幕府より奥州管領に任命され,翌年,多賀国府(現,宮城県多賀城市)に着任。…

【陸奥国】より

…当時陸奥国は日本の半国といわれ,その政治的存在意義が大きく評価されていた。ついで南北朝内乱に入ると,室町幕府は足利氏の一門を奥州管領として派遣し,陸奥国の武士を統率しようとする。そのはじめは1337年(延元2∥建武4)2月の石塔義房(いしどうよしふさ)であり,それ以前は関東執事の斯波家長(しばいえなが)が,鎌倉にいてこの国の軍政をつかさどっていた。…

※「奥州管領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

奥州管領の関連キーワード二本松城跡二本松義継足利満貞二本松氏奥州探題足利満直伊賀盛光吉良貞家最上義光高水寺城斯波家長相馬親胤斯波家兼大崎義直斯波兼頼斯波直持畠山高国蝦夷管領東条城陸奥国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android