コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平正安 おくだいら しょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平正安 おくだいら-しょうあん

?-? 江戸時代中期の儒者。
長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩につかえた。朱子学と書をまなび,享保(きょうほう)(1716-36)のころ朝鮮の人からもその漢詩と書をほめられたという。名は節。号は潜思堂,竹渓老人,浄軒居士。著作に「書法要録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥平正安の関連キーワード儒者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android