コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長門 ながと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長門
ながと

長野県中部,長和町東部の旧町域。蓼科山の北西斜面に位置し,千曲川の支流依田川の中・上流域を占める。 1956年長窪古町,長久保新町,大門村が合体して長和町が成立。 2005年和田村と合体して長和町となった。北部にある中心集落の長久保は近世中山道の宿場町で,当時の面影を残す。北東部の笠取峠付近は別荘地に開発された。ほとんどが山林原野で,高原に点在する牧場で酪農が行なわれる。白樺湖に通じる南部の大門峠付近には,国指定史跡の星糞峠黒曜石原産地遺跡があり,観光開発が進んでいる。一部は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながと【長門】

旧国名の一。今の山口県の北西部に相当する。長州
山口県北西部、日本海に臨む市。水産業が盛んで、仙崎かまぼこの産地。青海(おうみ)島湯本温泉など観光地が多い。平成17年(2005)3月に大津郡3町と合併。人口3.8万(2010)。
旧日本海軍の戦艦。陸奥(むつ)と同型艦。大正9年(1920)八八(はちはち)艦隊の一番艦として竣工。排水量3万2700トン。第二次大戦敗戦後、ビキニのアメリカ原爆実験標的艦とされ沈没

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

長門

 山口県西半分の旧国名です。国府[こくふ]や国分寺[こくぶんじ]は下関市長府にありました。奈良時代には銅銭[どうせん]を造る鋳銭司[じゅせんし]も置かれていました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

長門

日本海軍の戦艦長門型戦艦の1番艦。1919年進水、1920年就役の超弩級戦艦。40センチ主砲を積んだ日本初の戦艦。太平洋戦争開戦時の連合艦隊旗艦。ミッドウェー海戦マリアナ沖海戦などに参加。大戦末期、横須賀停泊中にアメリカ軍の攻撃により中破。敗戦後、賠償艦としてアメリカに引き渡される。1946年、ビキニ環礁での原爆実験の標的艦として使用され、沈没。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ながと【長門】

◇ 旧国名の一。山口県の北部・西部に相当。長州。
◇ 山口県北西部、日本海に面する市。仙崎かまぼこなど水産加工が盛ん。青海おうみ島は観光地、内陸に温泉地がある。
旧海軍の戦艦。1920年(大正9)竣工。基準排水量39000トン、主砲四〇センチ砲八門。第二次大戦後、ビキニ環礁における原爆実験に使用され沈没。同型艦に陸奥むつがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長門の関連キーワード伊上海浜公園オートキャンプ場山口県長門市油谷向津具上山口県山口市阿東生雲東分山口県長門市油谷蔵小田山口県長門市油谷新別名山口県長門市日置蔵小田山口県長門市油谷河原山口県長門市油谷久富山口県長門市油谷川尻山口県長門市油谷後畑山口県長門市油谷角山山口県長門市油谷伊上山口県長門市日置野田山口県長門市三隅下山口県長門市日置上山口県長門市日置中ながと仙崎花火大会山口県長門市三隅中山口県長門市日置下山口県長門市西深川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長門の関連情報