コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口県 やまぐち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口〔県〕
やまぐち

面積 6112.3km2
人口 140万4729(2015)。
年降水量 1684.3mm (山口市) 。
年平均気温 16.7℃ (山口市) 。
県庁所在地 山口市
県木 アカマツ
県花 ナツミカン
県鳥 ナベヅル

本州の最西端にある県。中国山地の西部を占め,高原状の山地が広く,最高峰は寂地山 (1337m) 。河川の大部分は短小で,大きな平野はない。椹野 (ふしの) 川,阿武川の上流を結ぶ線以北は,石見高原の延長で,その中央にカルスト地形で知られる秋吉台がある。瀬戸内海,日本海の海岸線は複雑で屈曲に富み,周辺には多くの島がある。水深の大きい天然の良港が多い。気候は南部は瀬戸内気候,北部は日本海岸気候。早くから大陸文化の影響を受け,先史時代の遺跡が多い。大化改新 (645) により周防,長門の2国が成立。中世には大内氏の支配下となり,江戸時代には毛利氏により統治された。明治4 (1871) 年廃藩置県により山口県となり現在にいたる。おもな産業は瀬戸内海側の石油化学と,鉄鋼,造船を中心とする重化学工業で,近年著しく発展。水産業は遠洋漁業の基地下関港を中心に行われ,沿岸漁業の不振もあって,近年養殖漁業への転換も進む。耕地が少く,米作もあるが果樹 (ミカン) 栽培が盛んである。林業はタケ・アカマツ材を多く産し,タケノコの生産も全国上位。大理石,石灰岩なども産する。瀬戸内海国立公園,秋吉台,北長門海岸の2国定公園などのほか長門峡,西長門海岸など5つの県立自然公園があり,萩,下関には明治維新に関する史跡も多い。関門海峡の上に中国縦貫自動車道につながる関門橋がかかり,海底には鉄道・国道トンネルがある。山陽新幹線が通り,新岩国,徳山,小郡,新下関の4駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐けん【山口県】

山口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕山口〈県〉(やまぐち〈けん〉)


中国地方の西端に位置する県。
東は広島県・島根県に接し、北は日本海、西は響灘(ひびきなだ)、南は周防灘(すおうなだ)に面する。関門(かんもん)海峡を隔てた九州とは関門橋、関門トンネルでつながり、経済圏は北部九州地方に属する。県人口は瀬戸内海沿岸に集中し、都市化・工業化も内海側で著しい。人口144万5473。面積6114.09km2。人口密度236.42人/km2。管轄市町村は13市6町。県庁所在地は山口市。県花はナツミカンの花。
歴史を見ると、縄文遺跡は海岸部を中心に分布。弥生遺跡は内陸にもみられ、下関(しものせき)市の綾羅木郷(あやらぎごう)遺跡・土井ケ浜(どいがはま)遺跡は有名。南東部、柳井(やない)市の茶臼山(ちゃうすやま)古墳、平生(ひらお)町の白鳥(しらとり)古墳などの前方後円墳も点在する。大化の改新により周防国・長門(ながと)国が成立。南北朝時代には周防国の大内(おおうち)氏が台頭して中国地方西部を支配し、室町時代には大陸貿易を掌握した。戦国時代末期には安芸(あき)国(広島県西部)を本拠とする毛利氏の版図に入った。江戸時代は、毛利氏が長州(ちょうしゅう)藩主として萩(はぎ)に入り、36万9000石を領有。米・塩・紙・木(もく)ろうの生産を奨励し、瀬戸内海沿岸の干拓や山間地の開発を行った。瀬戸内海では、赤間関(あかまがせき)(現在の下関市)・中関(なかのせき)・室積(むろづみ)などが商港として発展した。幕末、明治維新の中心的役割を担った長州藩は多くの人材を明治政府に送り、長く長州閥を形成した。1871年(明治4)の廃藩置県で山口・岩国(いわくに)・豊浦(とようら)・清末(きよすえ)の4県が成立、同年中にこれらが統合され、現在の山口県となった。
地勢を見ると、県北東部の島根・広島両県境付近は中国山地西部の峰々がそびえ、県西部では600~700mの高原状を示す。おもな河川は錦(にしき)川が広島湾に、佐波(さば)川・椹野(ふしの)川・厚東(ことう)川などが周防灘に、粟野(あわの)川・阿武(あぶ)川などが日本海にそれぞれ注ぐ。南東部の瀬戸内海には屋代(やしろ)島(周防大島)など防予(ほうよ)諸島の島々が点在する。南西部は九州北端部との間に狭い関門海峡が東西に通じ、瀬戸内海と日本海の響灘を分ける。気候は、南東部沿岸は瀬戸内式気候に属する。周防灘西部や日本海の沿岸は九州北岸型の気候を示す。日本海沿岸は対馬(つしま)海流の影響で冬も温暖だが、北西季節風は強い。山地ではかなりの積雪がある。
産業は、農業では、稲作と都市近郊の野菜栽培のほか、屋代島の周防大島町を中心にした温州(うんしゅう)ミカン、萩市などのナツミカン栽培が特筆される。秋吉台(あきよしだい)や阿武山地では肉牛飼育が盛ん。水産業では、マグロ・アマダイ・タチウオ・ハモ・アンコウなどの漁獲が多い。下関港は東シナ海以西(いせい)における遠洋漁業の基地で、全国一のフグの水揚げでも知られる。萩港や長門(ながと)市の仙崎(せんざき)港は日本海の沖合漁業の基地で、かまぼこ製造などの水産加工が盛ん。周防灘に面した山口市秋穂(あいお)地区はクルマエビ養殖の先進地で、県の内海栽培漁業センターがある。工業は、出荷額に対する重化学工業の占める割合が高い。宇部(うべ)市・山陽小野田(さんようおのだ)市のセメント工業・化学工業を基盤として北九州工業地帯と瀬戸内工業地域の一角を担い、県東部の周南(しゅうなん)市や岩国市付近には大規模な石油化学コンビナートが形成されている。化学・石油製品の出荷額は全国上位を占める。
観光では、特別天然記念物の秋芳洞を中心とする秋吉台国定公園、青海(おうみ)島など海食地形に特色がある北長門海岸国定公園があり、瀬戸内海国立公園の景勝地が点在する。ほかに山口市・萩市の城下町景観、岩国市の錦帯(きんたい)橋、下関市の壇ノ浦(だんのうら)など歴史と風光に恵まれた観光地も多い。国の重要無形民俗文化財に指定されている民俗芸能に岩国市の岩国行波(ゆかば)の神舞(かんまい)、周南市の三作神楽(みつくりかぐら)、風俗習慣に周防祖生(そお)の柱松(はしらまつ)行事などがあるほか、祭りでは長門市で通(かよい)くじら祭りが開催される。
阿武郡
岩国市
宇部市
大島郡
玖珂郡
下松市
熊毛郡
山陽小野田市
下関市
周南市
長門市
萩市
光市
防府市
美祢市
柳井市
山口市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

山口県

中国地方西部に位置する県。北に日本海、西に響灘、南に瀬戸内海と三方が海に囲まれている。気候は温暖で、地震が少ないことでも知られる。水産業・重化学工業が盛ん。県花は、夏みかんの花。県木は、アカマツ。県鳥は、ナベヅル。県魚は、ふぐ。県獣は、ホンシュウジカ。

[山口県のブランド・名産品]
秋穂車えび | 赤間硯 | 厚保くり | 岩国蓮根 | 外郎 | 温州みかん | 大内塗 | かきチシャ | 岸根栗 | 菊川そうめん | 北浦うに | クジラ | ケンサキイカ | 下関うに | 下関のアンコウ | 下関ふく | 白オクラ | 周防瀬戸のタコ | 周防瀬戸の太刀魚 | 周防瀬戸のハモ | 瀬つきあじ | 大理石加工品 | 長州どり | 徳佐うり | 徳佐りんご | とっくり大根 | 長門ゆずきち | | 夏みかん | 萩たまげなす | 萩焼 | はなっこりー | 彦島夏播甘藍 | 彦島春菜 | 美東ごぼう | 万倉茄子 | 無角和牛 | 山口茶 | やまぐちの甘だい | ゆめほっぺ | わさび

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

山口県の関連キーワード山口県山口市小郡上郷流通センター山口県山口市小郡三軒屋町山口県山口市小郡大江町山口県山口市小郡維新町山口県美祢市大嶺町北分山口県山口市小郡給領町山口県山口市小郡黄金町山口県下関市安岡本町山口県山口市秋穂二島山口県周南市小川屋町山口県下関市大坪本町山口県下関市安岡駅前山口県山口市小郡上郷山口県山口市小郡栄町山口県下関市垢田町山口県下関市赤池町山口県周南市青山町山口県宇部市相生町山口県岩国市門前町山口県下関市安岡町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口県の関連情報