奥庭(読み)オクニワ

精選版 日本国語大辞典の解説

おく‐にわ ‥には【奥庭】

〘名〙 屋敷のなかで、奥のほうにある庭。
※浄瑠璃・井筒業平河内通(1720)四「大和の国石の上、紀の有常の奥庭に、さみだれはるる南影」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の奥庭の言及

【鬼一法眼三略巻】より

…鬼一は邸内の菊畑で智恵内に自分の過去を語る。(2)〈奥庭〉 鬼一は牛若丸に以前天狗の姿で剣術を教えたことを話し,牛若を恋する息女皆鶴姫の婿引出として虎の巻を与え,昔源氏方であった鬼一が平家に仕えたことを悔んで切腹する。(3)〈大蔵卿館〉 一条大蔵卿はあほうを装って,常盤をはじめ源氏の残党をそれとなく保護する。…

※「奥庭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android